提供: Japanese Scratch-Wiki

< Scratch 3.0

これはひらがな記事です。元記事に戻る
注目の記事.png この記事は2018年1月の注目の記事です。
SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。
Scratch 3.0のプロトタイプ(11がつ2にちげんざい)
Scratch 3.0のプロトタイプ(7がつ15にちげんざい)

Scratch 3.0はScratch 2.0のつぎのバージョンとはっぴょうされているScratchである。GoogleはScratchときょうりょくし、Google BlocklyのライブラリをもとにしたScratch Blocksが使われる[1]。Scratch 3.0のブロックすいへいせつぞくはけいかくになっていたが、とりやめられた。

Scratch 3.0のプロトタイプは、GitHubここからテストできる。ベータばんは2018年8月にhttps://beta.scratch.mit.eduにてはいしんされた。せいしきばんは2019ねん1がつ2にちリリースされるよてい。[2]

Scratch 3.0はさいしんのHTML、CSS、JavaScriptのセットであるHTML5できじゅつされる。Scratch 3.0は、WebGL[3]、Web Workers、Web AudioなどのJavaScriptライブラリがしようされる[4]。JavaScriptはほとんどのブラウザにたいおうし、WebGLはそくどにすぐれているためさいようされた。また、Adobe Flashと異なり、JavaScriptはネイティブで、じっこうじにかくちょうはひつようない。たいおうされるブラウザはChrome, Edge, Firefox, Safariであり、Internet Explorerはサポートされない[5]。また、クラッシュほうこくにより、Opera、Vivaldi、Silkもブロックされる。[6]

Scratch 3.0は、あたらしくエディターとインタプリタをじっそうする。Scratch 1.4までは、Smalltalkでプロジェクトはじっこうされ、オンラインではJavaプレーヤーがつかわれた。2011ねんからは、オプションでFlashプレーヤーがしようできた。Scratch 2.0いこうは、オンライン・オフラインりょうほうでFlashをつかっている。またかわりに、オープンソースのHTML5プレーヤー、Phosphorusプレーヤーなどがある[7]

サウンドレコーダー

そうきのリリース

Scratch 3.0のさいしょのプロトタイプは、Google's Youth I/Oのさんかしゃにていきょうされた。そこでは、ScratchをLEGO WeDo 2.0とれんけいさせていた[8]

2016年のScratchカンファレンスで、「次のScratchは?」というパネルで、Scratch 3.0がぎろんされた。そこには、Scratch 3.0にbarebones VMとオーディオエンジンがとうさいされるとかかれた。

けいかく

2016年のScratchカンファレンスでは、かんたんなけいかくがはっぴょうされた。Scratchチームは、すうしゅうかんのうちにレンダリングエンジンをついかし、2018ねん8がつ1にちにベータばん[9]、また、2019年1月2日にせいしきばんをりようかのうにするよていであるとはっぴょうされた。[2]そのときにはせかいかっこくのことばがサポートされる[5]

よていされているきのう

Scratch 3.0によていされているきのうはつぎのとおり:

ついか
へんこう
  • ペンブロックのかくちょうきのうか[20]
  • ブロックがよこにおおきくなる(これはタブレットでのドラッグアンドドロップをかんたんにするため)[5]
  • ステージがみぎになる[5]
  • ブロックパレットがカテゴリーをこえてスクロールできるようになった[5]
  • () 度に向ける/ひらがなブロックのにゅうりょくほうほうをかんたん

にした[5]

かくちょうきのう

Scratch 3.0には、Scratchのエディタをはばひろいデバイスやサービスにせつぞくできるようにせっけいしたあたらしいかっくちょうシステムがふくまれている。しようはこうかいされた。[24]

1.4 2.0 ScratchX

Scratch 3.0のリリースのあとScratchX/ひながなのサポートはちゅうしされ、Scratch 3.0へのいこうきかんがあたえられる。Scratch 1.4および2.0はオフラインエディターではじっこうできる。2.0のオフラインエディタでつくられたれたプロジェクトはアップロードこのうだが、Scratch 3.0でさくせいされたものはScratch 2.0ではじっこうできない[5]。なお、1.4, 2.0のオフラインエディタのダウンロードはすうねんかんサポートされる[5]

がぞう

かんれんこうもく

しゅってん

  1. https://scratch.mit.edu/discuss/post/2353116/
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 https://medium.com/scratchteam-blog/3-things-to-know-about-scratch-3-0-18ee2f564278
  3. https://scratch.mit.edu/users/thisandagain/#comments-254503
  4. 4.0 4.1 https://scratch.mit.edu/discuss/post/2359038/
  5. 5.00 5.01 5.02 5.03 5.04 5.05 5.06 5.07 5.08 5.09 5.10 5.11 5.12 5.13 5.14 5.15 5.16 5.17 5.18 5.19 5.20 https://scratch.mit.edu/preview-faq
  6. https://github.com/LLK/scratch-gui/issues/1460
  7. https://scratch.mit.edu/discuss/post/2353123/
  8. https://medium.com/scratchfoundation-blog/the-next-generation-of-scratch-d83426eb9ca9
  9. お知らせ・ニュースのabeeさんのポスト
  10. https://scratch.mit.edu/discuss/post/26545/
  11. https://github.com/LLK/scratch-vm/issues/412#issuecomment-280118002
  12. https://github.com/LLK/scratch-blocks/pull/1425
  13. https://github.com/LLK/scratch-vm/pull/1113
  14. https://github.com/LLK/scratch-paint/issues/371
  15. https://github.com/LLK/scratch-gui/issues/1254
  16. https://github.com/LLK/scratch-blocks/pull/1332
  17. https://github.com/LLK/scratch-blocks/pull/1326
  18. https://github.com/LLK/scratch-gui/pull/3423
  19. 19.0 19.1 19.2 19.3 19.4 19.5 https://github.com/LLK/scratch-vm/wiki/Compatibility
  20. https://github.com/LLK/scratch-vm/issues/736
  21. https://github.com/LLK/scratch-gui/issues/1162
  22. 22.0 22.1 https://github.com/LLK/scratch-gui/issues/1549
  23. https://github.com/LLK/scratch-vm/blob/fd5e178d3b4411893e155f2d7787063117496de3/src/blocks/scratch3_data.js#L253
  24. https://github.com/LLK/scratch-vm/wiki/Scratch-3.0-Extensions-Specification