提供: Japanese Scratch-Wiki

< 背景

Scratchふぞくのはいけいのいちれい

背景(はいけい、英: Backdrop、Scratch 1.4まではBackground)とはステージにひつようにおうじてせっていできるさまざまなイラストやしゃしんなどの1つずつのがぞうである。Scratchふぞくのはいけいライブラリーにははいけいのサンプルがいくつもよういされている。はいけいをかえれば、ステージのみためがすきなようにかえられる。

ステージにはいつもさいてい1こはいけいがそんざいする。はいけいのなまえはプロジェクトないでおなじにできない。はいけいのなまえにからもじれつがせっていできる。

はいけいのおおきさは、ステージとおなじさいだい480x360ピクセルで、これいじょうおおきくしてもひょうじされない。

ブロック

Scratch 3.0には、つぎの5つのはいけいにかんれんするブロックが存在する:

ついかほうほう

はいけいのついか

はいけいは、コスチュームとおなじほうほうでついかできる。ついかするときは、ステージをせんたくすると表示される[はいけい]タブをクリックし、バーのうえのボタンをおす。

  • Scratchキャット ボタン、むしめがねボタン: はいけいライブラリーをひらいてはいけいをせんたくする。
  • ペイントブラシボタン: からのはいけいをつくる。
  • サプライズ: はいけいライブラリーからランダムにせんたくする。
  • アップロードボタン: コンピューターやタブレットにほぞんされたがぞうをとりこむ。

2021ねん5がつ14にちまでは、はいけいをちょくせつカメラをつかってさつえいするきのうがそんざいしたが、このきのうはさくじょされた。[1]

イベント

はいけいは、メッセージのようにつかうこともできる。 はいけいがへんこうされたとき、 はいけいが () になったときというハットブロックにイベントがおくられるからだ。はいけいはすべてのスプライトからへんこうかのうであり、「はいけいを () にしてまつ」ブロックをつかえば、そのはいけいがへんこうされるまでスクリプトのしょりをたいきできる。

けいい

Scratch 2.0いぜんには、はいけいにかんするイベントブロックはそんざいしなかった。かいはつのいちじきにおいて、はいけいが「シーン」とよばれていたこともある。

Scratch 2.0とうじょういぜん、おおくのScratcherがはいけいのへんこうとメッセージをくみあわせてしようしていた。おもにこれがげんいんで、メッセージきのうがScratchほんたいにブロックとしてくみこまれた。

Scratch 2.0には、とうしょ、はいけいをスクロールする ブロックがどうにゅうされるよていがあったが、これはリリースまえにさくじょされた。ユーザーのなかには、このブロックのふっかつをのぞむこえもある。

ぎじゅつてきなしょうさい 

はいけいは、ぎじゅつてきにはステージというスプライトがほゆうするコスチュームである。そのため、はいけいはつうじょうのコスチュームとどうようにあつかうことができる。

しゅってん 

かんれんこうもく

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。