提供: Japanese Scratch-Wiki

< スプライト

これはひらがな記事です。元記事に戻る
Clock.png このページはScratch 2.0から3.0へのアップデートにともない、おおきなへんこうがひつようであるとよそうされています。ここにかかかれていることはすぐにふるくなるかもしれません。
ステージとスプライトリストのりょうほうに1つのスプライトがひょうじされている

スプライトは、プロジェクトないでなんらかのアクションをおこなうオブジェクトである。スプライトをプロジェクトないにとりこむには、「1. じぶんでつくる」「2. ファイルをアップロードする」「3. スプライトライブラリでみつけてくる」という3とうりのほうほうがある。 ステージにもプログラムをついかできるが、ステージはうごくことができないため、たいていのプロジェクトにはすくなくとも1つはスプライトがふくまれている。

スプライトのさくせい

あたらしいスプライトをさくせいするためのボタン

スプライトリストのじょうにあるバーには、スプライトをさくせいするためのボタンが4つならんでいる。

  • ギガ ボタン: スプライトライブラリをひらいてスプライトをせんたくする
  • ペイントブラシボタン:じぶんでじゆうにスプライトをさくせいできるように、コスチュームをもたないそらのスプライトをせいせいする
  • フォルダボタン:しようちゅうのコンピューターからスプライトをアップロードする
  • カメラボタン:しゃしんをとって、そのイメージをコスチュームとしてとりいれる

スプライトをさくせいしたとき、スプライトはステージじょうのランダムないち(つうじょうはちゅうしんちかく)にはいちされ、げんざいひらいていたタブがさくせいしたスプライトのじょうほうにきりかわる。

スクリプトのさくせい

Scratchプロジェクトのスプライトには、それぞれにスプライトをきじゅつするためのばしょ、スクリプトエリアがあたえられている。ユーザーはこのエリアでブロックをくみたててスプライトにめいれい(スプライトをいどうするめいれいなど)をおくることができる。スクリプトエリアにいどうしたブロックをクリックすると、げんざいのスプライトがそのブロックのきのうにもとづいたはんのうをかえす。スプライトペインにあるスプライトのサムネイルがぞうをクリックすると、スクリプトエリアがクリックしたスプライトのものにきりかわる。

スプライトのみためはコスチュームをかえるほうほうでもへんこうできる。スプライトのげんざいのコスチュームをきりかえるには、「コスチューム」タブをクリックして、ひょうじされたがめんでへんこうしたいコスチュームをクリックするほうほうと、スプライトのコスチュームをへんこうするブロックをしようするほうほうがある。Scratchペイントエディタでは、とくていのスプライトにがいぶからがぞうをインポートしたり、じぶんでがぞうをさくせい・へんしゅうして、あらたなコスチュームをついかすることができる。

さらに、スプライトには、おとをついかすることもできる。コスチュームとはことなり、おとはオプションなので、おとをまったくもたないスプライトがあってもかまわない。おとのついか、さくじょ、へんしゅうは、[おと]タブをクリックしてひらいたがめんでおこなう。このようにしてついかしたおとは、サウンドエディタうえでさいせいするか、していしたおとをならすブロックをつかってかくにんできる。

スプライトとそのスプライトがもつスクリプト、コスチューム、おとは、ひとまとめにしてファイルとしてエクスポートできる。このようにしてエクスポートしたスプライトは、ひつようにおうじて、べつのプロジェクトにそのままインポートできる。スプライトをエクスポートするには、まず、スプライトペインでエクスポートするスプライトのサムネイルをみぎクリックして、あらわれたメニューで「ローカルファイルにほぞん」をせんたくすればよい。

プロジェクトかんでスプライトをうけわたしするには、バックパックエリアをりようすることもできる。このばあいは、エクスポートするスプライトをバックパックエリアにドラッグアンドドロップすればよい。インポートのときは、バックパックエリアからひつようなスプライトをドラッグアンドドロップでいどうする。ただし、このほうほうではスプライトがローカルファイルとしてほぞんされるわけではない。

スプライトパック

スプライトパックとは、あるたねのプロジェクトをさすことばで、つうじょうは10〜30ていどのスプライトがふくまれている。ただし、スプライトパックにいれるスプライトのかずにせいげんがあるわけではない。スプライトパックには、じどうしゃ、いぬ、きょうりゅうなど、なんらかのテーマがせっていされていることがおおいが、テーマがひっすというわけではない。なお、スプライトパックは、スプライトコレクションとよばれることもあるが、これらはほぼおなじものである。(ちゅうい:たにんのつくったスプライトパック、アニメーション、ゲーム、そのほかのプロジェクトからスプライトをとりだしてじぶんのプロジェクトでりようしたばあいは、つねにもとのさくしゃのクレジットをめいきすべきである)。 スプライトパックは、ScratchのWebサイトいがいのサイトにおかれているばあいもあるが、このときはつうじょう、スプライトシートからスプライトをとりだすさぎょうがひつようになる。

デフォルトスプライトのへんこう(Scratch 1.4のみ)

くわしくは「デフォルトのスプライトをかえるほうほう」をみてください。

デフォルトでは、あたらしいプロジェクトをさくせいすると、コスチュームがScratchキャット で、スクリプトぶぶんがそらのスプライトがひょうじされる。これはScratch 1.4をしようしているばあいは、へんこうできる。そのためには、まず、へんこうごにしようするスプライトをさくせいし、これを「default.sprite」というなまえでエクスポートする。つぎに、このファイルをコスチュームフォルダにおく。いじょうで、デフォルトのスプライトがへんこうされる。

Squeak

Squeakでは、スプライトはScriptableSpriteMorphのインスタンスである。これは、ステージどうよう、ScriptableScratchMorph のこクラスである。

ランダムスプライトボタン

くわしくは「ランダムスプライト」をみてください。

かつてScratchエディタにはランダムスプライトボタンというボタンがそんざいしており、このボタンをクリックするとプロジェクトにランダムなスプライトがついかされた。このボタンは、Scratch2.0ではいしされた。

さんしょう