提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
SandCastleIcon.png このページまたは節には、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

分岐.png:この項目はScratch 2.0の開発を説明しています。Scratch 3.0については、Scratch 3.0の開発をご覧ください。


Scratch 2.0は、2013年5月9日の公式リリースされるまでに様々な工程を経て開発された。最初のリリース後も、Scratch 3.0のリリースまで、新機能の追加やバグの修正など、常にアップデートが行われた。

開発

実験用ビューアー

Scratch 2.0の発表は2010年1月に行われたが、ScratcherScratch 2.0を閲覧できるようになったのは同年の8月である[1]。 その間に、左の写真にあるように実験ビューワが数ヶ月間公開されていた。このビューアは、Scratchを実験するためのオンラインエディタであったが、コスチューム編集やコメントなどの、いくつかの機能はまだ無かった。Scratch 2.0開発チームは、Scratch 1.4からScratch 2.0への移行を支援するために結成された。

一方、2011年2月、ScratchウェブサイトFlashプレイヤーが登場した(エディターはまだFlashプレイヤーに対応していない)。Flashプレイヤーは、プロジェクトをオンラインで閲覧でき、かつプロジェクトが高速化されるというメリットがあり、多くのScratcherから賞賛の声が上がった。その後、アップデートが重ねられ、2013年5月9日にはFlashプレイヤーに完全に対応した。

エディターの最初のバージョンは、2011年5月のScratch Dayで発表され、MITで限定的に公開された。その後、Scratch TeamScratch 2.0の進捗報告書の公開を開始しました。

アルファ版

Scratch 2.0プロジェクトページのアルファ版。

2012年2月16日、Scratchアルファ版の開発が始まった[2]。 しかし、Scratch 2.0を一般に次に紹介したのは、それからずっと後のScratch Day 2012でした。この間、Scratch 2.0のアルファ版サイト(alpha.scratch.mit.edu)が数日間公開され、Scratchの新機能のプレビュー動画がここで公開されました。このイベントの後、テスターが集められサイトのテストが行われた。テスターはスクラッチチームから通知され、ベータ版へのアクセスを許可するコードが与えられた。テスターのうち、以下の者がいた。

それに伴い、500名のテスターが追加募集され、テスターになるには、Scratcherが専用のプロジェクトに投稿し、最初の500人のリクエストが受理されるようになっていた。しかし、一部のユーザーは、ウェブサイトの抜け穴を利用してアルファ版のウェブサイトを見ることができた。これらの人々は、抜け穴を利用していないかのように振る舞うことが推奨された。

ベータ版

Scratchのベータ版の開発は2012年12月に正式に始まり、また、公開ベータテストは2013年1月28日に始まった[3]。Scratchチームはこの日に向けて、現在のすべてのユーザープロジェクトをベータ版ウェブサイトである beta.scratch.mit.edu に移行していました。ベータサイトが公開されると、テスターは、開発中のウェブサイトを見たり、テストしたりすることができるようになりました。しかし、2012年12月以降に作成されたプロフィールは、アカウントが移行されていないため、テストができなかった。

ベータ版のウェブサイトは2013年5月6日にダウンし、その後Scratchのメインホームページと置き換わった。

スクリーンショット

ダウンロード

一部のアイカーブはこちらから見ることができる。

脚注