提供: Japanese Scratch-Wiki

Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。これを置き換えた機能については、() と言う (ブロック)か、() と考える (ブロック)を見てください。
() ()
[say v] [Hello]::looks
カテゴリ 見た目
タイプ スタック
追加 Scratch 2.0 prealpha
削除 Scratch 2.0 alpha

() () ブロック見た目ブロックスタックブロックであった。ブロックは、そのスプライトに指定されたテキストを吹き出しに出した。吹き出しは、別の() と言うブロックまたは() と考えるブロックがアクティブになるか、停止ボタンが押されるまで残る。このブロックには、「言う」と「考える」、「ささやく」と「叫ぶ」の選択肢があった。

このブロックは、2.0 prealphaの新しいバージョンから2.0 alphaの初期バージョンで利用可能だった。もともとは() と言うブロックと() と考えるブロック[要出典]を置き換えるように設計されていたが、その後キャンセルされた。

スクラッチキャットが「叫ぶ」と「ささやく」を実行して「こんにちは」と言っている

() () for () secs

() と () 秒言うを置き換えるように設計されており、長さの別の引数が含まれていることを除いて、同じオプションを持つこのブロックのバージョンもあった。

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。