提供: Japanese Scratch-Wiki

() と () 秒言う
[Hello!] と (2) 秒言う
カテゴリ 見た目
タイプ スタック

() と () 秒言うブロック見た目ブロックスタックブロック)は、指定したテキストが入ったふきだしを、ブロックを実行したスプライト上に表示するブロックである。このふきだしは画面上に指定した秒数される。表示されるふきだしの種類の違いを除けば、このブロックと() と () 秒考えるブロックは、まったく同じ動作である(「() と () 秒言う」のふきだしは声に出した言葉を表し、「() と () 秒考える」のふきだしは声に出さない言葉を表す)。

使用例

このブロックはスプライトのセリフを表すので、 会話 が発生する場面であれば常に使用できる。ほかにも、事前に予測不可能な内容を画面に表示する場合もこのブロックが使われる(文字を1つずつ画面にスタンプしていく方法や、ペンを使ったペンテキストを使う方法もあるが、それよりずっと簡単にテキストを表示できる)。

よくある使用例は次のとおり:

  • スプライトの会話
[コンコン(ドアをたたく)] と (2) 秒言う
[ほう、どなたかね?] と (2) 秒言う
[ほほう] と (2) 秒言う
[ほう、ほほうですと?] と (2) 秒言う
[君がふくろう語をしゃべれたなんて、しらなかったよ!] と (5) 秒言う
  • テキストを画面に表示する
[スコアを表示 v] を受け取ったとき
([スコア: ] と (スコア)) と (3) 秒言う

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックの動作は、次のコードで再現できる。

[Hello!] と言う
(待ち時間) 秒待つ
[] と言う

() と言うブロックと () と考えるブロックで表示されたふきだしは、このようにテキストを空にしたブロックを実行すると画面から消える。なお、() と聞いて待つブロックで表示されたふきだしもこの方法で消すことができるが、この場合、答えを受け付けるテキストボックスは消えず、入力を待ちつづける。

関連項目