提供: Japanese Scratch-Wiki

注目の記事.png この記事は2018年8月の注目の記事です。
SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。

Scratch Dayは、年に一度世界中で行われるScratchのイベントである。 だれでも、イベントを主催することができ、どこでも開催することができるが、基本的に5月15日の前後の休日(土、日)に行われるのが伝統である。これは、Scratchというサービスそのものが2007年の5月15日に始まったことに由来する。

SDマーク (世界共通)

歴史

Scratch Dayの始まりは、2009年にMITのKaren BrennanさんがScratchの誕生日(リリース日)にイベントをしようと思いたち、開催したのがはじめてのイベントである。 以後、Scratch Dayは毎年世界各地で行われている。

開催日

Scratchは2007年 5月15日にリリースされた。毎年、公式(MITが行う)Scratch Dayの日は異なる。2018年のScratch Dayは5月12日に行われた。

過去の開催日

  • 2008年(Scratch Meetup)— 7月24から26日
  • 2009年 — 5月19日
  • 2010年 — 5月22日
  • 2011年 — 5月21日
  • 2012年 — 5月19日
  • 2013年 — 5月18日
  • 2014年 — 5月17日
  • 2015年 — 5月9日
  • 2016年 — 5月14日
  • 2017年 — 5月6日
  • 2018年 — 5月12日

日本におけるScratch Day

SD2013Tokyo
SD2017Tokyo

日本では主に東京で毎年2009年から毎年開催されているScratch Day in tokyo[1]や、各地域のCoderDojoなどが主催するScratch Dayがある。

Scratch Day in tokyoの過去の開催場所

  • 2009年-メディアセブン(川口市立映像・情報メディアセンター)[2]
  • 2010年-東京工業大学大岡山キャンパス[3]
  • 2011年-青山学院アスタジオ[4][5]
  • 2012年-ベネッセコーポレーション東京本部ビル
  • 2013年-ベネッセコーポレーション東京本部ビル
  • 2014年-東京大学大学院 情報学環・福武ホール[6]
  • 2015年-東京大学大学院 情報学環・福武ホール[7]
  • 2016年-東京大学大学院 情報学環・福武ホール[8]
  • 2017年-青山学院アスタジオ[9]
  • 2018年-青山学院アスタジオ[10]

外部リンク

出典

  1. http://day.scratch-ja.org
  2. http://web.archive.org/web/20160710063539/http://scratch-ja.org:80/2009/04/104#more-104
  3. https://web.archive.org/web/20100625012322/http://day.scratch.mit.edu/event/270
  4. http://web.sfc.keio.ac.jp/~manabu/sd2011tokyo/sd2011TokyoFlier.pdf
  5. scratch:projects/1747225/
  6. http://day.scratch-ja.org/SD2014Tokyo
  7. http://live.nicovideo.jp/watch/lv219448010
  8. http://day.scratch-ja.org/SD2016Tokyo
  9. http://day.scratch-ja.org/SD2017Tokyo
  10. http://day.scratch-ja.org/SD2018Tokyo