提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
回転方法を () にする
回転方法を [左右のみ v] にする
カテゴリ 動き
タイプ スタック
追加 Scratch 2.0

回転方法を () にするブロック動きブロックスタックブロック)は、プロジェクトで選択中のスプライトについて、見た目の回転方法 を設定するブロックである。なお、どの回転方法が選択されている場合でも、変数向き」の値自体は保持されており、変更できる(回転方法によっては、画面表示が固定されるため「向き」が変更できないように見えるが、「向き」の値自体は変わっている)。

選択できる回転方法

詳細は「回転方法」を参照

このブロックでは、「自由に回転」「左右のみ」「回転しない」という3つのスプライトの回転方法を選択できる。

「自由に回転」(デフォルト)を選択すると、スプライトは変数「向き」にしたがって、360度どの角度であってもその方向に回転した状態で表示される。

「左右のみ」を選択すると、スプライトの見た目が右向き(90度:デフォルトの方向)、または左向き(-90度:左右反転した方向)のいずれかに固定され、変数「向き」にそれ以外の値が入っているときは、左右のどちらか近いほうを向いている扱いになる。

「回転しない」を選択すると、スプライトは変数「向き」の値にかかわらず、常に90度(デフォルトの方向)を向いた状態で表示される。

使用例

このブロックは、プロジェクト内でのスプライトの見た目の回転方法を、あらかじめ指定しておきたいときに使用できる。次によくある使用例を示す。

  • アニメーションに利用する
回転方法を [自由に回転 v] にする
(-90 v) 度に向ける
[見て!逆さまだよ!] と (2) 秒言う
[かっこいいでしょ。コウモリになった気分!] と (2) 秒言う
回転方法を [左右のみ v] にする
[よし。地面に戻ったぞ] と (2) 秒言う
  • 右か左を向くようにする
@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと
もし <マウスが押された> なら
回転方法を [自由に回転 v] にする
[マウスのポインター v] へ向ける
でなければ
もし <[左向きの矢印 v] キーが押された> なら
回転方法を [左右のみ v] にする
(-90 v) 度に向ける
end
もし <[右向きの矢印 v] キーが押された> なら
回転方法を [左右のみ] にする
(90 v) 度に向ける
  • ゲームの一時停止中に、スプライトが回転しないようにする
[ゲーム一時停止 v] を受け取ったとき
回転方法を [回転しない v] にする


関連項目