提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
分岐.png:この項目は演算ブロックを説明しています。リストブロックについては、() に () が含まれる (ブロック)をご覧ください。

() に () が含まれる
<() に () が含まれる::operators>
カテゴリ 演算
タイプ 真偽
追加 Scratch 3.0

() に () が含まれるは、Scratch 3.0で追加された演算ブロック真偽ブロックである。最初の引数の文字列の中に、二番目の引数の文字列があるかどうかを調べる。たとえば、「れいぞうこ」の中に「ぞう」があるので、<[れいぞうこ]に[ぞう]が含まれる::operators>はtrueを返す。このブロックは大文字小文字を区別しない。

同名のリストブロックがあるが、このブロックではリスト中の項目の存在は確認できない。

代用ブロック

詳細は「文字列に指定文字列が含まれているか調べる」を参照

上の方法はScratch 2.0でも使える。

使い方

  • ユーザー名の判定
もし<(ユーザー名)に[sub]が含まれる::operators>なら
[サブアカウントですか?]と言う
  • 単語の中にある文字を調べる
[発見した文字 v]のすべてを削除する::list
[カウンタ v]を[0]にする
(26)回繰り返す
[カウンタ v]を(1)ずつ変える
もし<<(文字列)に([abcdefghijklmnopqrstuvwxyz]の(カウンタ)番目::operators)が含まれる::operators> かつ <<[発見した文字 v]に([abcdefghijklmnopqrstuvwxyz]の(カウンタ)番目::operators)が含まれる>ではない>>なら
([abcdefghijklmnopqrstuvwxyz]の(カウンタ)番目::operators)を[発見した文字 v]に追加する