提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
() と ()
([] と [])
カテゴリ 演算
タイプ
追加 Scratch 1.4

() と ()ブロック(演算ブロック/値ブロック)とは、2つの値を連結して(くっつけて)、できた値を返すブロックである。

たとえば、このブロックに「こんにちは」と「世界」という2つの文字列を入れると、「こんにちは世界」という値が返される。「こんにちは 世界」のように、2つ間に空白を入れたいときは、「こんにちは 」「世界」、または「こんにちは」「 世界」のように、どちらかにあらかじめ空白を入れておく必要がある。

よくある使用例

単語や数、文章など、なんらかの2つの値をくっつけたいときに、このブロックを使用する:

よくある使用例は次のとおり:

  • 変数と文字列をくっつけて、文章をつくる
@greenFlag がクリックされたとき
[あなたの名前を教えて?] と聞いて待つ
(((([こんにちは ] と (答え)) と [。 私の名前は]) と [スクラッチキャットだよ]) と [。]) と言う
  • メッセージに変数 の値を組み込む(たとえば「クリアした回数: 2回」など)

([キミの点数は] と ((点数) と [だよ。])) と言う

  • 手っ取り早くプラスの数をマイナスにする

[変数 v] を ([-] と (数)) にする

Warning メモ: この方法は、変数がマイナスのときはうまくいかないので注意。

小数を扱うワザ

変数に入れた値や、ふきだしに表示される値は、小数点以下第二位までに四捨五入されるが、プロジェクトの内容によっては、もっと細かい値が必要になることもあるだろう。このようなときは、() と ()ブロックの片方に小数となるブロックを入れ、もう一方を空にすると、小数点以下第三位以上を含む数を得られる。

  • もとのスクリプト:

[求める数 v] を ([平方根 v]\((10)\)::operators) にする//3.16

  • より細かい値を返すスクリプト:

[求める数 v] を (([平方根 v]\((10)\)::operators) と []) にする//3.1622776601683795

  • 小数点以下の桁数を指定したいときは次のスクリプトを使用する

[求める数 v] を ((((([10^ v] \((小数点以下の桁数)\)::operators) * ([平方根 v]\((10)\)::operators)) を四捨五入) / ([10^ v] \((小数点以下の桁数)\)::operators)) と []) にする

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックと同じ動作は、次のコードで実現できる:

[カウンター v] を [0] にする
((1つ目の値) の長さ) 回繰り返す
[カウンター v] を (1) ずつ変える
((カウンター) 番目 \((1つ目の値)\)の文字::operators) を [結果リスト v] に追加する
[カウンター v] を [0] にする
end
((2つ目の値) の長さ) 回繰り返す
[カウンター v] を (1) ずつ変える
((カウンター) 番目 \((2つ目の値)\)の文字::operators) を [結果リスト v] に追加する
end
[結果 v] を (結果リスト::list) にする

このスクリプトを実行すると、変数 「結果」に、2つの値をくっつけた値が入る。