提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
ピクセル

ピクセル(px)は画面上の点であり、多くのコンピューター用画面はたくさんのピクセルがある。ピクセルは3でできている。Scratch 1.4以前はピクセルベースの画像(ビットマップ)を使用していたが、Scratch 2.0以降は、ベクター画像も使用できる。ベクター画像はピクセルの代わりに、図形的な計算に基づく。

Scratchでの使い方

ステージ

ペイントエディターのビットマップモードにて、最も小さいブラシは1ピクセル単位で描画できる。

() 歩動かすなどでは、ピクセルが使われている。ステージは480x360pxである。本来、481x361ピクセルになるが、Scratchでは、点は格子点の間に挟まっているため、480x360である。たとえば、(0,0)という点は、x=0とx=1の間、y=0とy=1の間の部分である。[1] 小さなステージでは、1ピクセル動かしても実質は0.5ピクセルしか動かない。

出典

  1. scratch:projects/88758181/