提供: Japanese Scratch-Wiki

ブロック定義ブロックから転送)

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
分岐.png:この項目はブロックのカテゴリを説明しています。定義ブロックについては、定義 (ブロック)をご覧ください。


ブロック定義は、ブロックカテゴリの1つで、ブロックの色はピンク色( )である。

ブロックが作られる前は、ブロックパレットには「ブロックを作る」ボタンを除き何もない。 Scratch 3.0現在では、スタックブロックのみ作成可能である。 このカテゴリでは、技術的には際限なくブロックを作ることができる[要出典]

「ブロックを作る」ボタン

作成画面

「ブロックを作る」ボタンをクリックすると、ブロック名を尋ねるダイアログが表示される。次に、希望のテキストと引数を入力し、「OK」をクリックすると、ブロックを作成できる。

ブロック

Scratch 3.0のブロック定義ブロックには、次のようなハットブロックが含まれている。 実際には、この下にブロックを繋げることができる。

定義 カスタムブロック

Scratch 3.0のブロック定義ブロックには、次のようなスタックブロックが含まれている。

カスタムブロック::custom

定義ブロックの中には、「テキスト(数値)」、「真偽値」の2つの要素を追加することができる。

定義 カスタムブロック (テキスト\(数値\)) <真偽値>

カスタムブロック () <>::custom

Scratch 2.0では、拡張機能で追加されたブロックも、このカテゴリに出現した。

カスタムブロックの使い方

スタックブロックには任意の数値や値ブロック、真偽ブロックを追加することができる。

カスタムブロック (10) <[10]=[10]>::custom

上記のコードの場合、数値::custom ringには10が入り、<真偽値::custom>には「true」が入る。

カスタムブロックは、次のような場面で使うことができる:

  • プロジェクトのファイルのスペースの削減
  • 再描画せずにスクリプトを実行する(再描画を少なくし、高速にする)(ただし、再描画せずに実行すると、ターボモードとは違い、実行が終了するまで画面の再描画をする頻度が非常に下がる。)
  • 長いスクリプトを複製する代わりに、スクリプトの塊を作ることで、編集の手間が省く(間違いがあっても、比較的簡単に修正できる。)
  • 再帰のプログラムを組む

値を返す定義ブロック

Scratch 3.0現在では、値を返す定義ブロックは存在しない。 代わりとして、特定の変数を出力した文字列にする定義ブロックを作るという方法がある。

定義(足される数)に(足す数)を足す
[計算の答え v] を ((足される数)+(足す数)) にする


Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。