提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
注目の記事.png この記事は2019年10月の注目の記事です。
音声合成拡張機能

音声合成拡張機能は、2018年10月に追加されたScratch 3.0の拡張機能で、プロジェクトに声をしゃべらせることができるものである。使用にはインターネット接続が必須である。

ブロック

以下のスタックブロックが存在する:

利用できる言語

2018年10月時点で以下の言語が利用できた。

  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • アイスランド語
  • イタリア語
  • 日本語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語 (ブラジル、ポルトガル)
  • ロシア語
  • スペイン語 (スペイン、ラテンアメリカ)

2019年3月21日、いくらかの言語が追加された:[1]

  • 中国語(普通話)
  • 朝鮮語
  • ノルウェー語
  • ルーマニア語
  • スウェーデン語
  • トルコ語
  • ウェールズ語

その後、同年4月4日にヒンディー語が[2]、同月29日にアラビア語が追加された。[3]

API

この拡張機能はAPIを通して音声を取得する。

/synth

GET https://synthesis-service.scratch.mit.edu/synth?locale=en-US&gender=male&text=hello

とすれば、mp3形式の音が出力される。

出典

  1. https://github.com/LLK/scratch-www/pull/2855
  2. https://github.com/LLK/scratch-www/pull/2878
  3. https://github.com/LLK/scratch-www/pull/2929