提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなでよめます。ひらがなでよむ
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。
うるさい
<うるさい::sensing>
カテゴリ 調べる
タイプ 真偽
追加 Scratch 0.6
削除 Scratch 2.0
入手可能 はい

うるさいは、Scratch 1.4まであったスタックブロックで、真偽ブロックである。これは音量が30より大きいかを調べる。これはステージモニターに表示できた真偽ブロックである。現在もこのブロックは存在するが、ブロックパレットの中にはない。しかし、入手すれば使用することができる。

このブロックを使用するとScratch側からマイク接続が試みられ、許可されたとき、音量を取得する。

元々は音量が30より大きいかを調べるブロックであったが、Scratch 2.0で音量が10より大きいかを調べるように変更された[1]

他のブロックによる表現

詳細は「削除されたブロックの代用ブロック」を参照

<(音量::sensing) > [30]>// Scratch3.0でのうるさいブロックを再現する場合、ここを10にする

注釈

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。