提供: Japanese Scratch-Wiki

SandCastleIcon.png このページまたは節には、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目に加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています。

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
この記事の正しいタイトルは ()の要素を[]に入れて繰り返す です。技術的な制限により、ページ名が変えられています。

※スタブ解消のための編集中に変更を保存を押してしまったため、

中途半端な状況となっています。更新していきますので、お待ち下さい。

()の要素を[]に入れて繰り返す
()の要素を[変数 v]に入れて繰り返す{
}::control
カテゴリ 制御
タイプ C型
追加 Scratch 2.0 alpha
削除 Scratch 2.0 alpha
入手可能 はい
()の要素を[変数 v]に入れて繰り返す{
}::control

は、Scratch2.0alphaに存在した実験ブロックである。 Scratch3.0内にデータが存在し、一斉に等と違って機能は削除されていない。

機能

指定した回数C型ブロックの中に入ったブロックを実行する。 ()回繰り返す::control   との違いは、現在のループ実行が何回目かを指定した変数に入れられることで、 これは他のプログラミング言語のfor文に当たる (しかし、カウンタの値をスコープ外から参照できるなど、多少の違いがある。)

入手方法

このブロックはデータは存在するものの、

ブロックパレットからブロックが削除されている。

そのためScratch3.0で使用するには、

  • このブロックが使用されているプロジェクトからバックパックする
  • Scratch2.0 alpha からScratch3.0にアップロードする(可能か不明)
  • TurboWarpのブロックパレットから持ってくる
  • JSONファイルの書き換え(JSON HACK)

のどれかを使う。

別のブロックによる表現

[1]

[変数 v]を(0)にする
(繰り返し回数::variables)回繰り返す
[変数 v]を(1)ずつ変える
...
end

また以下のような方法もある

[変数 v]を(0)にする
[繰り返し回数 v]を(...)にする//...には繰り返す回数を入れる
<(変数::variables)=(繰り返し回数)>まで繰り返す
[変数 v]を(1)ずつ変える
...
end
  1. 変数の値は1でもよい。その場合、"変数を1ずつ変える"を...の後に持っていく。
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。