提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
() まで繰り返す
<> まで繰り返す
カテゴリ 制御
タイプ スタック
追加 Scratch 1.1

() まで繰り返すブロック制御ブロックC型ブロック)は、与えられた真偽ブロックの結果が真(True:はい)になるまでC型の内部に入れたコードを繰り返し実行するブロックである。真になった後は、このブロックの下にあるブロックに処理が移動する。このコードの動作は、Scratch以外のプログラミング言語のおけるwhileループと似ている。

使用例

条件が真(成立する)まで中に入れたコードを繰り返し実行するため、目的の状態になるまで同じ処理を繰り返したい場合に、このブロックを使用するとよい。 よくある例は次のとおり:

  • x座標やy座標が指定した値になるまで、スプライトを動かす
<(x座標) = [100]>まで繰り返す
(10) 歩動かす
  • マウスのボタンを離すまで、スプライトをマウスの動きにあわせて動かす
<<マウスが押された?>ではない>まで繰り返す
[マウスのポインター v]へ行く
タイマーをリセット
<(タイマー) > (繰り返し時間)>まで待つ
...
end

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックの動作は、次のようにブロックを組んだ場合と同じである:

ずっと
...
もし <条件> なら
[次へ v]を送る
[このスクリプト v]を止める
end

[次へ v]を受け取ったとき
. . .

ただし、この方法はスクリプトの動作が止まるので、1S1Sプロジェクトのときは使用できない。

関連項目