提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。これを置き換えた機能については、ペンの () を () ずつ変える (ブロック)をご覧ください。
ペンの色を () ずつ変える
ペンの色を (10) ずつ変える
カテゴリ ペン
タイプ スタック
削除 Scratch 3.0

ペンの色を () ずつ変えるブロック(ペンブロック/スタックブロック)とは、ペンの色 を現在の値から指定した分、上下に変更するブロックである。数値で指定できる色は、0〜199までの200個であり、値が200になると0と同じ色になる(つまり、ペンの色を200変えた場合は、ペンの見た目はまったく変わらない)。

Scratch 3.0ペンの () を () ずつ変えるに統合された。

使用例

ペンを使ったプロジェクトで、ペンの色を特定色に変更する場合、このブロックを使用する(ただし透明度はこのブロックでは変更できない)。

よくある使用例は次のとおり:

  • 時間ごとに色が変わる、虹色のペンをつくる
ずっと 
もし<((タイマー) を (1) で割った余り) = [0]> なら
ペンの色を (1) ずつ変える
  • マイクの音量に合わせてペンの色を変え、インタラクティブアートのプログラムをつくる
ずっと
ペンの色を (音量::sensing) ずつ変える
(2) 秒待つ
  • スプライトの動きに合わせてペンの色変える
(360) 回繰り返す
(1) 歩動かす
@turnRight (1) 度回す
ペンの色を ((2) / (3.6)) ずつ変える
end

別のブロックによる表現

現在Scratchには「ペンの色」を表すブロックが存在しないため、他のブロックで単純にこのブロックを代用することはできない。 仮にこの「ペンの色」ブロックが存在しているとすれば、次のコードでこのブロックを代用できることになる:

ペンの色を ((ペンの色::pen) + (変えたい量)) にする

(Scratchの内部では、実際に上記のように処理されている)

どうしてもこの代用策を使用したい場合は、自分で「ペンの色」変数を作成して、さらに次のスクリプトを実行しておく必要がある。

@greenFlag がクリックされたとき
ずっと
ペンの色を (ペンの色) にする

これによって、() を () にするブロックと() を () ずつ変えるでペンの色を変更できるようになる。

関連項目