提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
分岐.png:この項目は値を説明しています。この値を編集するブロックについては、ペンの色を () にする (ブロック)をご覧ください。

概要

ペンの濃さ50、ペンの太さ10の場合において、ペンの色を比較した画像。左端のペンの色が0で、右に行くにつれどんどん大きくなり、最終的には99になる。

ペンの色とは、ペンブロックにおいて参照される値の一つである。
ペンブロックは実行しているスプライトの移動した跡をステージ上に残すが、この値はその跡の色を決定する。
ペンの濃さとは別の数値であり、それぞれの組み合わせによって色を表現することもできる。
16進数によるRGB[1]の合成を使用しない場合数字しか入れられず、値の上限は99、下限は0である。


16進数によるRGBの合成

RGBにおける3つの色をそれぞれ2桁の16進数で表し、R→G→Bの順で並べたもの[2]の先頭に0xをつけ、
ペンの色を[#000]にするブロックにはめ込むことでそのカラーコードをScratchで使用できる。

関連ブロック

注釈

  1. レッド、グリーン、ブルーの光の三原色の濃さをカラーコードとしてインプット/アウトプットし、そのうえで加法混色を行った結果をカラーコードが示す色とする色の合成法。「透明度」の要素を加えたRGBAも存在する。
  2. 16進数カラーコード。scratchの外部サイトにもこれを出力できるカラーピッカーが存在するが、scratch内部で同じものを作ることも可能。