提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。
The Experimental Viewer.

Experimental viewerプロジェクトをオンラインで再生する方法だった。これは、Scratch 2.0をオンラインで設計するための予備実験の一部だった。2010年に8月11日にリリースされた。 Experimental Viewerは、最新のScratch 2.0プレーヤーの直接の祖先であり、Scratch2.0のエディターとコードはそれによく似ている。とくに、Scratch 2.0 prealphaにはよく似ている。

特徴 Experimental Viewerを使用すると、ユーザーは比較的通常の方法でプロジェクトを表示できるが、オンラインのままでプロジェクトのスクリプトを表示および変更することもできる(今まではオンライン上で編集することはできなかった)。このバージョンではステージの右にある四角いボタンでカテゴリーを選択していた。含まれるカテゴリーは上から、動き、見た目、音、ペン、トリガー(今のイベント)、制御、調べる、演算、変数である。この新しいカテゴリの配置は、Scratch2.0でも使用された。ユーザーは既存のスクリプトを編集することもできる。

Scratch 1.4の基本的な機能はExperimental viewerで実装されたが、コスチュームや背景は編集できなかった。「きれいにする」とコメント機能、ヘルプウィンドウ、スクリプトの複製と削除も無かった。プロジェクトは、ExperimentalViewerから保存も共有もできなかった。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。