提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
SandCastleIcon.png このページまたは節には、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

イベントで使用されたバナー

2017 European Scratch Conference(通称Scratch2017BDX)は、3回目のヨーロッパScratchカンファレスです。2017年7月18日から21日にかけて、フランスのボルドーで開催された。

テーマは「Opening, Inspiring, Connecting」で、Scratchのコミュニティを充実させることを目的とした。200人以上の教育者、研究者、開発者、その他世界中のScratcherのメンバーが、Scratchの創造的な可能性を祝い、共有することが期待された。参加者のうち約半数の人たちが何らかの発表をした。

参加方法

この会議では、参加者からの投稿が大きな比重を占める。3月15日までにイベントのホームページにアクセスし、以下のフォーマットのいずれかを選択することで、会議に参加することができた。

  • ディスカッション(30分)
  • ワークショップ(1時間)
  • Ignite Talks(5分)
  • レクチャー(10分〜20分、プログラムが許す限りそれ以上)
  • デモの紹介
  • ポスター(2時間)
  • フリースタイルセッション

特別企画

Scratchの誕生10周年が祝われました。 このカンファレンスはアフリカのScratcherにステージを与えることを目的としており、そのためにアフリカのスクラッチ教育者のミートアップがナイロビで開催された(2017年4月28-29日)。 協力パートナーのINRIAは、Scratchと関連言語によるロボット工学の解錠という特別な研究領域を持っており、大量のロボットが配置された。

外部リンク


Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。