提供: Japanese Scratch-Wiki

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

Scratchメンターとは、終了したコミュニティモデレータープログラムを置き換えるために実装されたプログラムである。これはScratchチームのみからの招待によるものであり、[1]Scratchメンターは独自のディスカッションフォーラムを持っていた。 Scratchメンタープログラムは、2020年2月10日に正式に終了することが確認された。[2]

メッセージ

原文

We decided to retire the community moderators program because we want to create a new role with a different focus – less on moderation, and more on helping Scratchers make awesome stuff (both with “Scratch the programming tool” and in “Scratch the community”). As some have already seen from the discussion forum pull-down menus, part of the program will be called “Scratch Mentors.” We're working on co-creating it with the first cohort of Scratch mentors now. Part of their role will be focused on supporting other ways for Scratchers to contribute to the community (i.e. helping Scratchers get un-stuck when working on challenging projects, or helping maintain and improve Scratch design studios, for example. ) Becoming a community moderator was a way for a few Scratchers to contribute to Scratch and the Scratch community. Soon there will be many more ways for Scratchers to help out - which is something that Scratchers have told us they want for a very long time.

– Lightnin, on behalf of the Scratch Team

翻訳

コミュニティモデレータープログラムを廃止することにしました。モデレーションではなく、スクラッチャーが素晴らしいものを作成するのを支援することに重点を置いた(「スクラッチプログラミングツール」と「スクラッチ地域社会・共同体")。一部のメンバーはディスカッションフォーラムのプルダウンメニューからすでに見てきたように、プログラムの一部は「スクラッチメンター」と呼ばれます。現在、スクラッチメンターの最初のコホートとの共同作成に取り組んでいます。彼らの役割の一部は、スクラッチャーがコミュニティに貢献する他の方法をサポートすることに焦点を当てます(つまり、挑戦的なプロジェクトに取り組むときにスクラッチャーが行き詰まるのを助ける、または、たとえばスクラッチデザインスタジオの維持と改善を支援する)。コミュニティモデレーターになることは、数人のスクラッチャーがスクラッチとスクラッチコミュニティに貢献する方法。間もなく、スクラッチャーが手助けする方法がさらにたくさんあります-これは、スクラッチャーが非常に長い間望んでいると私たちに言ったものです。

Scratchチーム[3]

タスク

メンターが何をしたかはまだ正確には分かっていないが、メンターのErnieParkeは次のように書いている。

原文

Scratch Mentors are Scratchers that work with the Scratch Team. Primarily, we discuss Scratch topics with the ST. For example, we have helped with April Fools, and how the community is doing. One of the original goals of the group was to be heavily community involved, however that has not occurred to the level of original expectations. The group is mainly member led, with low input from the Scratch Team.

– ErnieParke, July 9, 2016

翻訳

スクラッチメンターは、スクラッチチームと協力するスクラッチャーです。主に、スクラッチのトピックについてSTと話し合います。たとえば、エイプリルフールとコミュニティの様子を支援しました。グループの当初の目標の1つは、コミュニティに深く関与することでしたが、当初の期待のレベルには達していません。グループは主にメンバー主導で、スクラッチチームからのインプットは少ないです。

ErnieParke、2016年7月9日[4]

公開されているプロジェクト

エイプリルフールの2014年に、ScratchメンターとScratchチームが最初のコラボレーションをリリースした。 Scratchメンターは、Scratchチームにその日のアイデアを提供し、プロジェクトを作成し、注目のいたずらスタジオのプロジェクトを見つけるのを手助けするなど、さまざまなタスクに貢献した。

2014年4月22日、ScratchチームとScratchメンター間の2番目のコラボレーションであるスクリプトチームがリリースされた。Scratchメンターは、プログラムのさまざまな側面についてScratchチームと話し合い、ヘルパープログラムのさまざまな側面についてアイデアを出し、アイデアを考え、ロールアウトに役立つプロジェクトを作成することで支援した。

2014年後半、Scratchメンターらは、「??????? ???????」というヒントのある非公式の一連のプロジェクトを発表した。ユーザーは、タイトルを見つけるために疑問符が何の文字であるかを推測する必要があった。 2015年3月26日、「Scratchミステリー」であることが判明し、前編が公開された。 Teraが予約のために到着したときに発見したScratchキャットを誘拐した人物の謎を中心にシリーズが展開される。最初の部分はここで表示できる。

Scratchヘルパーグループ

Scratchメンターは、Scratchチームと協力してScratchヘルパーグループを作成および維持した。Scratchヘルパーグループは、通常のScratcherが参加して、招待された追加の役割を持たずにScratchコミュニティを支援するための方法だった。

歓迎委員会

詳細は「歓迎委員会」を参照
歓迎委員会のサムネイル。

歓迎委員会は、2012年にスクラッチチームによって作成された公式のスタジオであり、[5]であり、新しいScratcherを歓迎し、彼らが持つかもしれない質問に答えるために使用する。 2つのScratchヘルパーグループの1つと見なされ、現在も引き続き実行されている。このグループはScratchメンターによって作成されたものではないが、委員会のメンバーがスタジオのメンテナンスを手伝い、ほとんどのメンターがスタジオをキュレーションして実行した[6]

新しいScratcherを歓迎するスタジオにプロジェクトを提出し、キュレーターに追加してもらうことで参加できる。プロジェクトがスタジオに入ると、正式にはScratch歓迎委員会のメンバーになるが、メンバーになることはキュレーターになることを意味しない。

スクリプトチーム

詳細は「スクリプトチーム」を参照
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

スクリプトチームは、現在引退しているもう1つのスクラッチヘルパーグループである。スタジオでスクリプトを作成するのに手助けが必要な場合は、誰でもスタジオのコメントでプロジェクトへのリンクを送信できる。スタジオのメンバーは、スクリプトの問題を解決するのに役立つ。参加するには、Scratchで何かを行う方法を説明するプロジェクトを作成する必要があり、Scratchメンターがあなたのレビューを行う。

出典