提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
注目の記事.png この記事は2020年5月の注目の記事です。


報告によって非共有となったプロジェクト
連絡先で報告をする様子

報告は、Scratcherが、不適切なプロジェクトコメントスタジオ、ユーザーに対して、Scratchチームに通知する、Scratchウェブサイトの機能である。Scratchチームは、報告されたものをチェックする。コメントは赤くなり、のちに削除される。内容が深刻な場合、法執行機関に送られることもある。また、連絡先では、不適切なものに関し、詳細を送信できる。

報告機能を乱用してはいけない。

ユーザー

報告画面
報告により削除されたことを示す、[removed]の表示

ユーザーを報告するには、プロフィールページに行き、「このユーザーを報告」を押す。そして理由を選択する。

よくある報告理由

  • 不適切なユーザー名(実名登録者、不適切な単語の使用など)
  • 不適切なアイコン(顔写真など)
  • 不適切な「私について」(チャットリンク、個人情報)
  • 不適切な「私の取り組んでいること」(上同様)

プロジェクトの報告

報告ボタン
報告画面
報告後に表示される画面

プロジェクトページの「報告」を押し、理由を選び、「次へ」を押して、追加情報を書く。送信ボタンを押すと、確認画面が表示され、報告される。多くの人が報告した場合、一時的に削除される。Scratch 2.0までは、報告されたプロジェクトは、報告者からは見えなくなっていた。Scratch 3.0では、プロジェクトを見ることはできるが、再読み込みするまで再度報告はできない。

あらかじめ書かれた理由

以下はあらかじめ書かれた理由で、またかっこの中は必要な追加情報である。

  • 他のプロジェクトの完全なコピー(元作品のURL)
  • クレジットのない画像や音楽を使っている(その素材)
  • 過度に暴力的だったり恐怖心をあおる(なぜ思ったのか)
  • 不適切な表現が含まれる(どこにあるか)
  • 不適切な音楽が使用されている(どの音か)
  • 不適切な画像(どの画像か)
  • 個人的な連絡先情報が公開されている(どこで)
  • その他

その他

2020年4月から、「その他」欄を選択すると、再び別の選択肢から選ぶようになった。以下がその選択肢である。

  • このプロジェクトが好きではありません
  • このプロジェクトは動作しません
  • このプロジェクトはもっと改良できます
  • このプロジェクトは難しすぎます

上の選択肢は「偽」のもので、選択すると作者にその意見を伝えるよう表示される。

  • このプロジェクトはミスリードしているか、コミュニティをだましています
  • これは顔写真を公開するプロジェクトだったり、だれかの写真を見せようとしています
  • このプロジェクトをリミックスすることが禁止されています
  • このプロジェクトの作者の安全が心配です

「次へ」を押し、なぜそう考えるかの理由を書く。

  • その他 なぜコミュニティーガイドラインに反するかを書く。

画像

コメントを報告

報告されたコメント
コメントの報告確認
プロジェクトでのコメントの報告確認

コメントは、右端のボタンを押すと報告できる。コメントの報告には、理由の選択や書き込みが唯一不要である。

報告すべきコメント

投稿を報告

報告画面

投稿の場合、使用方法が少し異なる。これは不適切な内容の報告以外にも、トピックの削除、クローズ、名前変更などのモデレータ権限が必要なタスクの要求にも用いられる。報告画面では、BBCodeは使用できない。

仕組み

投稿が報告されると、処理権限のあるすべてのScratchチームに情報が届く。

使用例

  • 不適切な内容
  • スパム
  • 炎上コメント
  • 重複トピック
  • フォーラムが間違ったトピック
  • New Scratcherのトピック名前変更、または24時間未満のクローズド
  • トピックや投稿の削除(投稿者のみ)
  • Sticky依頼

特に理由もなく報告するのは禁止されている。一度実行するとアラート、複数回ではアカウントのブロック、悪質な場合にはアカウントが削除されるbanにつながる。

報告方法

投稿の右下の報告ボタンを押し、内容を英語で記述する。このページは次のURLからもアクセスできる:

http://scratch.mit.edu/discuss/misc/?action=report&post_id=投稿ID

スタジオの報告

スタジオの報告

スタジオを報告するには、サムネイルの下のリンクを押し、理由を選択する。

報告の濫用

プロジェクトが多数回報告されると、そのプロジェクトが自動的に非共有にされ、まれに作者が一時的にブロックされることがある。この仕組みを利用して、作者をブロックするためにプロジェクトをいっせいに報告する荒らしが存在する。また、有名なプロジェクトでは、「プロジェクトが難しい」などといった理由で報告が送られることもある。報告の濫用は、当然のことだが、禁止されている。

関連項目