提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。
SandCastleIcon.png このページまたは節には、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

分岐.png:この項目はScratchウェブサイトが構築されたエンジンを説明しています。Scratchのユーザーについては、Scratcherをご覧ください。


ScratchR (Scratch Repository) は、MITによって開発されたプラットフォームで、1.x時代にScratchプロジェクトScratchウェブサイトにアップロードできるようにしたものである。このプラットフォームは、ユーザープロジェクトコメントしたり、プロジェクトタグを追加したり、ギャラリー(現在のスタジオ)を作成したりするためのサーバーインフラを提供しました。Scratchチームは、これを「YouTubeがビデオ制作のためにあるようなプログラミング」と表現している[1]

交換

Scratch 2.0の開発により、プログラミングとウェブサイトの環境全体が変化した。Scratch 2.0のプログラムはSqueakではなくFlashプレイヤーで設計され、Scratchウェブサイトではサーバー、フォーラム、データベースをさまざまな言語で構築している。プロジェクトにはさまざまなデータがあり、Scratchウェブサイトには新しい機能や変更された機能があるため、Scratch全体の開発体制は、完全な再設計とともに変更される必要があった。Scratch 2.0では、プロジェクトScratchウェブサイト内に保存し、コメントを作成できるプラットフォームの正確な名称は明記されておらず、「ScratchR」という言葉は近年では、ほとんど使われなくなった。現在このサイトは、ドメインが売却されたため、SMSサービスとなっている。しかし、ディスカッションフォーラム画像のホストのホワイトリストには残っている。

誤解

「ScratchR」という単語は、見た目が「Scratcher」に似ていることから、しばしば「Scratcher」を意味すると誤解された。また、ディスカッションフォーラムでのScratchRの開発者の表示が「ScratchR」であり、単にScratchRを開発していることを意味していたため、Scratchチームのメンバーを意味すると思われることもあった[2]

外部リンク

脚注

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。