提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。

Scratchのトピックに画像を投稿するには、Scratchチームに許可されたホスト上の画像を使う必要がある。許可されていないサイト上の画像は、エラーになる。これは、スパムや不適切な画像を防ぐためである。

ホストの一覧

過去に許可されていたホスト

下の3つは、過去に許可されていたが、現在は許可されていない。

  • imgur.com (不適切な画像の掲載)
  • Scratch以外のすべての .edu ドメイン(Scratch APIを呼び出し、ログアウトさせるなどのことが発生したため)
  • modshare.futuresight.org

cubeupload.com

cubeupload.comは以前(2018年5月ごろ)まで誰でも無料で使えるサイトだった。

が、不適切な画像のアップロードにより、一時アクセスができなくなり、後に完全ログイン制になった。[1]

論争

Tinypic

詳細は「画像のホスト/tinypic.com」を参照

Tinypicは、収益を出すために悪質な広告を使用していることがわかった。そのため、いくつかのScratcherが議論していた。たとえば、Tinypicの使用中に、マルウェアの警告を受けることがあった。また、不要なプログラムをダウンロードさせる広告も表示されていた。Scratchチームは、「Tinypicの使用を強調しない」という結論を出した。そして、ScratchチームのPaddle2Seeさんは、Tinypicに関係するすべての文書を修正し、Scratcherたちに警告をした。

Imageshack

Imageshackも、人々に購読をさせるため、問題になった。そして、imgur.comに切り替えたい人たちがたくさんいた。この問題に対しては、今も対処している。また、有効期限が過ぎると、画像が広告に置き換わる現象も報告されている。

お金

ホストは、独自の方法でもうけを出している。労働者を雇う、電気、サーバーの修繕といったことには、お金が必要である。多くのサイトは、広告が表示されるが、Imageshackのように有料アカウントがあることもある。TinypicとPhotobucketの広告の一部は、第三者の広告を使用しているため、コンピュータに害のあるコードが実行されたり、ポップアップが表示されたりすることがわかっている。Wikipediaのような、寄付だけでまかなうホストもある。

関連項目

出典

  1. https://mobile.twitter.com/cubeupload