提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。

Scratch Movie Player Morphとは、Scratchでコンピューターの動画を再生できるScratch Morphである。

ムービープレーヤーのMorphを取得する

まず、Shiftキーを押しながらRをクリックし、画面の端にある白いビットをクリックすると、World Menuが表示される。次に、[new morph]をクリックする。

Newmorph.png

今回は、「Add a new morph」メニューが表示され、オプションのリストが表示される。リストの7番目のオプションである「Movies」にマウスを移動すると、別のオプションが表示され、「MoviePlayerMorph」と表示されます。これをクリックすると表示される。

Movieplayermorph.png

これで、ムービープレーヤーがマウス上にあり、移動できるようになる。すべてのムービーを表示できるように、Scratchプロジェクトの左上隅に配置することを勧める。配置後に移動するには、Alt-Clickを4回押して、正方形が入った茶色のアイコンを選択する。移動が終了したら、別の場所をクリックします。

Movie Player Morphの使用

これがScratch Movie PlayerMorph。

ムービープレーヤーの左側にある最初のボタンは「開く」と表示される。これにより、ビデオファイルをムービープレーヤーにインポートして再生できるようになる。ファイルはMPEGまたはJPEGファイルタイプである必要がある。

次のボタンは「メニュー」で、次のオプションが含まれている。

  • Turn on/off repeat—ムービーをループする
  • Set frame rate—ムービーが1秒あたりのフレーム数で再生されるレートを設定する
  • Create JPEG from MPEG—MPEGムービーファイルをJPEG画像ファイルに変換する
  • Create JPEG from folder of frames—フォルダにたくさんの写真をまとめてJPEGムービーファイルを作成する

次のオプションは「巻き戻し」である。これは、それが言うことを実行し、再生中のムービーを巻き戻す。

その後、それは「再生」であり、それはまたそれが言うことをする。現在のポイントから最後まで(リピートがオフの場合)、または停止ボタンが押されるまでムービーを再生する。

前の段落で説明したように、停止ボタンはムービーの再生を停止する。

その横にある左矢印と右矢印を使用すると、再生するムービーを選択できる。

他のすべてのオプションの下にある2つのバーは、ムービー内の音量と時間内の位置を制御する。下のオプションは、現在画面に表示されているムービーのみを変更する。

問題

ムービープレーヤーは発表モードでは動作せず、プロジェクトScratchウェブサイトにアップロードできない。また、使用するファイルの種類がMPEGやJPEGに制限されているため、再生する前に多くの種類のファイルを変換する必要がある。そして、Morphが含まれているプロジェクトは保存できない。

関連ブロック

Scratch 1.01.1、および1.2には、最終リリースから切り取られたムービープレーヤーで使用できるいくつかの実験的なブロックがあった。それらには、ムービーを開始および停止するためのブロック、ズームとパンを変更するためのブロック、およびフェードを設定するためのブロックが含まれていた。

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。