提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
分岐.png:この項目はScratch 1.4のmodを説明しています。その他の裏技については、Scratchの裏技をご覧ください。
押すところ

Shift-Click-RScratch 1.4の隠し機能で、Squeakが直接使用できるようにするモードである。

Warning 警告: この機能は、Scratch 1.4自体を書き換えるため、Squeakが理解できない場合この機能を使ってはいけない。場合によっては、Scratcn 1.4が使えなくなる。

システムブラウザーにアクセスする

メニュー
  1. ⇧ Shiftキーを押しながら左上のScratchロゴのところの「R」を押す
  2. 「Turn fill screen off」を押す
  3. 余白をクリックする
  4. Open→browserと進むと、システムブラウザーが現れる。

システムブラウザーは、Scratchのコードの書き換えに使われる。

スクリプトエラーの検知

スクリプトエラー

0除算などのスクリプトエラーが出たときにデバッグする機能がある。「turn error catching off」を押すと、通常は赤枠で出るものが、デバッガーに変わる。

保存

Warning 警告: 一度保存すると、元に戻すのは困難である。このような場合は、再インストールするしかないため、バックアップなどを残しておいた方が良い。

「save image for end-user」を押すと、imageファイルが保存できる。これは、Scratch 1.4そのもののコードを保存するもので、modの作成に使われる。