提供: Japanese Scratch-Wiki

音楽プロジェクトの例(自作音楽)

音楽プロジェクトは音楽を中心としたプロジェクトである。Scratchでプログラムした音を再生するもの、取り込んだ音を再生するもの、録音されたものを再生するものなどがある。

BGMは音楽プロジェクトとはみなされない。音楽プロジェクトの中で人気のものは、インタラクティブな楽器やリズムゲームなどである。

種類

インタラクティブな楽器

Scratcherたちが作品を作るときに、ピアノからトランペットまで多くの楽器を選択できる。音はScratch上で生成でき、楽器の変更もできる。また、もっと現実的にするために、録音することもできる。

AMV

これは「映像付き音楽」の略である。音楽を演奏するプロジェクトで、そこを歌詞や曲調にあわせてアニメーション化する。人気が非常に高く、しばしば注目のプロジェクトとなる。

レコード

いろいろな種類があるが、ボーカル、ポップ、クラシックなどがある。

ゲームや動画の音楽

いくらかのプロジェクトはゲームや動画、テレビなどの音楽を音ブロックで再作成している。ただ、ただBGMつきだけの作品は含まれない。また、著作権に配慮する必要もある。

逆再生

逆再生はユーモアなどのために作られる。

自作音楽

いくらかのScratcherは音楽を自作する。これらは音ブロックや録音で作られる。

音ブロックの音楽

音ブロックのスクリプトを使うと、順番に、またはメッセージによる同時再生で和音が再生できる。

UTAUプロジェクト

UTAUは「歌う」から名づけられたソフトウェアである。多くのScratcherが、これを使用し独自のキャラクターを作成し、歌を共有した。

著作権問題

2016年、GoogleがScratchの検索結果のうち、著作権保護されたものを無断使用している音楽プロジェクトに行く、4万を超える結果を削除した。[1]これはパックマン事件アニメーションの殿堂のような抗議を起こした。

音楽プロジェクトの制限

2017年6月8日、ただ単に音楽を演奏するプロジェクトは、オリジナル性がなく著作権侵害のため、削除されると発表した。[2]YouTubeなどは学校でブロックされるため、Scratchは音楽ダウンロードによく使われる場所だったが、これが規制され、多くが反対した。ただし、フェアユースの認められない日本においては、アップロードがオリジナル性にかかわらず法律で禁止されている。

出典

  1. https://torrentfreak.com/creative-kids-turn-mit-website-into-a-piracy-haven-160123/
  2. scratch:discuss/topic/265161/