提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
制御ブロックの代用ブロックの一覧です。

他の代用ブロックについては、代用ブロック一覧からお選びください。

ブロック 回避策
(1)秒待つ
(((テンポ) / (60)) * (1))拍休む

または

タイマーをリセット
<<(タイマー) \< [1]> ではない> まで待つ
// もし他のスクリプトでタイマーを使っている場合、それらがおかしくなるかもしれません。
ずっと
. . .
end
<. . .::grey>まで繰り返す //ここにはブロックを入れないか、あるいは絶対falseになるブロックを入れる。.
. . .
end

または

((309) の [10 ^ v]::operators)回繰り返す
. . .
end

または

((1)/(0))回繰り返す // オフラインエディターではエラーになります。
...
(10)回繰り返す
. . .
end
[カウンター v] を [0] にする
<(カウンター) = [10]> まで繰り返す
[カウンター v] を (1) ずつ変える
. . .
end
<...::grey>まで繰り返す
. . .
end
ループ ::custom

定義 ループ
もし <<. . .::grey> ではない> なら
. . .
ループ ::custom
end

または

[ループ v] を送る

[ループ v] を受け取ったとき
もし <<. . .::grey> ではない> なら
. . .
[ループ v] を送る
end
もし <. . .::grey> なら
. . .
end
もし <. . .::grey> なら
. . .
でなければ
// ここにブロックは入れません
end

または

<. . .::grey> を送って待つ

[true v] を受け取ったとき
. . .

または

@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと
<. . .::grey>まで待つ
. . .
// これは、「もし」がループします。
もし <. . .::grey> なら
. . .
でなければ
. . .
end
もし <. . .::grey> なら
. . .
end
もし <<. . .::grey> ではない> なら
. . .
end

または

定義 もし <条件>
もし <条件> なら
. . . // もしの間に入れたいもの
[このスクリプト v] を止める
end
@greenFlag が押されたとき::events hat
. . .
もし <. . .::grey> なら
. . .//でなければの間に入れたいもの
//もし・でなければが最後のブロックのときに使えます
<. . .::grey> まで待つ
<. . .::grey> まで繰り返す
// ここにブロックは入れません
end
[このスクリプト v] を止める
<> まで待つ // ここには何も入れません

または

((309) の [10 ^ v]::operators) 秒待つ // これらは実際にスクリプトは止めません。しかし、その後の動作はとまります。

または

((1) / (0)) 秒待つ // 上のコメントと同じことが起こります。なお、オフラインエディターではエラーになります。

または

ずっと
// ここにブロックは入れません (この方法は常にCPUを使用します。)
[すべて v]を止める
[すべてを止める v] を送る

[すべてを止める v] を受け取ったとき
[スプライトの他のスクリプト v]を止める
// このスクリプトはすべてのスプライトとステージに配置してください。