提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
分岐.png:この項目はユーザーのフォローを説明しています。スタジオについては、スタジオ#フォローをご覧ください。 トピックについては、トピックをご覧ください。


フォロー前のフォローボタン
フォロー後のフォローボタン

フォローは、ユーザーが共有したプロジェクトなどの情報を受け取るようにできる機能である。フォローしたいユーザーのプロフィールページにある「フォローする」ボタンを押すとフォローができる。フォローはいつでも「フォローをやめる」ボタンで解除できる。その性質上、自分自身をフォローすることは、バグの使用なしではできない。フォローできるユーザー数には10000人の制限がある。[1]

Warning 警告: いくら親しいからといっても、個人情報の交換は行わないこと。

フォローの効果

あるユーザーがフォローしているユーザーとそのフォロワーは、プロフィールをスクロールすると出てくる「フォロー」、「フォロワー」欄のそれぞれ右上にある「すべてを見る」を押すと出てくるページに掲載される。また、フォローしている人の活動はトップページの「最新の情報」欄に表示されるほか、トップページにはフォローしているスクラッチャーの作品フォローしているスクラッチャーが好きなものなどの欄がある。

スタジオのキュレーターは、フォロワーの中から簡単に招待できるほか、アカウントの削除画面にもフォロワー一覧が表示される。

コミュニティ上では、フォロワー数は人気度を測る指標の1つとして使われているが、これは意図された使用法ではなく、2014年9月には、プロフィールページ本体からフォロワー数などを隠す変更が行われた。[2]

F4F

F4Fとは、「Follow for Follow」、すなわちフォローすればフォロー返しをすることを意味する。これには批判的な意見もあり、一部のユーザーはプロフィールでF4Fを行わないことを述べている。

フォローボット

スパムボットのひとつに、あらゆるユーザーをフォローしまくるボットがある。これは利用規約違反であり、見つかり次第削除される。[3]

出典