提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。

ターボモードは下に挙げるようなスクリプトで検出できる。

定義 ターボモードか調べる
タイマーをリセット
(10) 回繰り返す
    背景を [foo v] にする
end
もし <(タイマー) < [0.1]> なら 
    ターボモード::grey
でなければ
    ターボモードではない::grey
end

また、次のような方法もある。

定義 ターボモードを検出
[count v] を [0] にする
タイマーをリセット
<[1] < (タイマー)> まで繰り返す
  [count v] を (1) ずつ変える
end
もし <(count) < [100]> なら
  ターボモードではない::grey
でなければ
  ターボモード::grey
end

両者とも、ターボモードにするとスクリプトの実行速度が飛躍的に速くなることを利用して検出している。

Scratch 1.4

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

これは、シングルステップモードを検出するものである。

これも、上と同じく通常よりも速度に差が出ることを検出する。

定義 シングルステップモードを検出
タイマーをリセット
(0) 秒待つ
もし <(タイマー) > [0.1]> なら
    シングルステップモード::grey
でなければ
    シングルステップモードではない::grey
end