提供: Japanese Scratch-Wiki

クラウド変数から転送)

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ
クラウド変数の作成画面

クラウドデータとは、情報をインターネット上に保管できること、また、保管した情報をさす。クラウドデータの機能は、New Scratcherは利用できない。クラウドデータ機能はScratch 2.0で追加された。

詳細

クラウドモニター
クラウドモニターボタン

クラウドデータ機能が使えるのは、現在は変数のみである。変数には最初に☁がつく。また、数値しか入れられないし、クラウド変数は10個までしか作成できない。ただし、以前FAQには、「しかし将来的には、徐々に、機能を拡大していく予定があり、現在の仕組みがうまく機能するようであれば、その他の機能(クラウドリスト、文字列のサポートなど)も追加していくつもりです。」と書かれていたが、現在は削除されている。[1]

クラウド変数には、256文字しか入らず、また16進数は使えない。クラウドショック以前は10240文字入れられた。(これは通常の変数と同じである。)そのあと制限は128文字に減少したが、Scratch 3.0にて2倍になった。[2]

また、クラウドショック以前は16進数を保存することも可能であった。(例:20F2A1)

クラウドデータの値の変化は、ユーザー名とともにクラウドモニターで確認できる。モニターにはプロジェクトの「お気に入り」ボタン下のボタンからアクセスできる。

数値しか入れられない理由

クラウドモニター

クラウド変数を使って発生するさまざまな問題に対処するため、と書かれている[1]からである。さまざまな問題とはクラウドに文字列を入れるとクラウドにある人への暴言が保存される、などといったガイドライン違反につながることだ。

チャット

クラウド変数で、チャットを作ってはいけないとされている。[3]2019年7月11日以前は、ホワイトリスト式が許可されていたが、現在は禁止されている。

ただし、例外として送信できる文章を全て一覧から選択する「定型文式」は許可されている

クラウドリスト

クラウドリストとは、クラウド変数の拡張版で、リストが使え、文字列が入れられることが特徴的である。クラウド変数を用いて自分で作成する方法がある。

関連項目


脚注

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。