提供: Japanese Scratch-Wiki

< クラウドデータ

これはひらがな記事です。元記事に戻る

クラウドデータとは、じょうほうをインターネットにほかんできることと、ほかんしたじょうほうのことである。

クラウドデータは、New Scratcherはつかえない。


くわしいこと

クラウドデータがつかえるのは、げんざいはへんすうのみである。また、かずしか入れられないし、クラウドへんすうは10こまでしかつくれない(りゆうは、したでいいます)。ただし、FAQには、「しかし将来的(しょうらいてき)には、徐々(じょじょ)に、機能(きのう)拡大(かくだい)していく予定(よてい)があり、現在(げんざい)の{[ルビ|仕組|しく}}みがうまく機能(きのう)するようであれば、その(ほか)機能(きのう)(クラウドリスト、文字列(もじれつ)のサポートなど)も追加(ついか)していくつもりです。」とかかれている。[1]

クラウドへんすうには、128もじしかはいらず、また16しんすう(=16このかずをつかってあらわすかず)はつかえない。

すうちしかいれられないりゆう

クラウドへんすうをつかってはっせいするさまざまなもんだいにたいしょするため、とかかれている[1]からである。さまざまなもんだいとはクラウドにもじれつをいれるとクラウドにあるひとへのぼうげんがほぞんされる、などといったガイドラインいはんにつながることだ。

チャット

クラウドへんすうで、チャットをつくってはいけないとされている。[1]だが、もんだいはチャットではなく、じゆうににゅうりょくしてチャットができるというところであり、ことばのせんたくしをもうけ、そこからにゅうりょくし、クラウドにほぞんするのはいいとされている。

クラウドリスト

クラウドリストは、クラウドへんすうのおうようばんで、リストがつかえ、もじれつがいれられることがとくちょうである。ほうほうとして、リストないのもじをすべてすうじにへんかんするほうほうがある。

きゃくちゅう

  1. 1.0 1.1 1.2 https://scratch.mit.edu/info/faq/#clouddata