提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
Warning 警告: もしあなたのOSがWindowsなら、このページに書かれている手順を実行するときに、管理者権限が必要になるかもしれません。詳しくはヘルプ:管理者権限とはをご覧ください。

Scratch.iniを変更すると、Scratch 1.4に関する設定ができる。


Scratch.iniの場所

たいていの場合は、(Windows)Cドライブ内のProgram Files\Scratch、(Mac)アプリケーションフォルダ内のScratchにある。Scratch.iniで検索してもよい。

ホームフォルダを変更する

デフォルトでは、マイドキュメント内の「Scratch」フォルダに保存される。 これを変更するには、Windowsだと、Home=J:\School\01\*のように書く。Macの場合は、Home=/School/01/*のように書く。*は、ログインしているユーザー名に置き換わる。みんなで共有したいときは、*を外すこともできる。

特定のドライブを非表示にする

Warning メモ: Windowsでしか有効にならない。

VisibleDrive=J:,M:と書くと、JドライブとMドライブにしかアクセスできなくなる。そして、ホームフォルダとScratch.iniが置かれたフォルダ、その配下しかアクセスできないようになる。。

共有を禁止する

なんらかの理由で、作品共有ができないようにしたい場合は、Share=0と書いて、無効にすることができる。

プロキシサーバー

インターネット接続にプロキシサーバーを使いたい場合は、

ProxyServer=プロキシサーバのアドレス
ProxyPort=ポート番号

と書く。

言語の設定

Language=jaのように、言語コードを書く。この設定は、Scratch内で変更したものが反映される。

デフォルトのスプライト

詳細は「デフォルトのスプライトを変える方法」を参照

デフォルトの説明文

Scratch.iniがあるフォルダと同じところに、デフォルトの説明文を書いたテキストファイルを「defaultNotes.txt」という名前で保存すると、デフォルトの説明文が変更できる。