提供: Japanese Scratch-Wiki

MIDI(Musical Instrument Digital Interface) は、パソコンや電子楽器の間で演奏データを転送・共有するための規格である。

MIDIノート

MIDIでは音の高さを数字で表す。これをMIDIノートと呼ぶ。

この数値が1変わると音は半音変化する。従って、数値が12変化すると、音は1オクターブ変化する。

例えば、中央の「ド」「レ」「ミ」は、MIDIノートで60、62、64となる。

Scratchの() の音符を () 拍鳴らす (ブロック)ブロックでは、このMIDIノートを使って音の高さを指定する。 音の高さは数値を入力するか、表示されるピアノの画像の中で目的の鍵盤を押すことで選択できる。

表記法

MIDIノートと鍵盤の関係

数値と音符の関係は画像のようになっている。

Warning
メモ:
表示される鍵盤で選択できるのは48から72の2オクターブ分しか表示されないが、直接数値を入力することでそれよも高い、または低い音を鳴らすことができる。

MIDIキーボードには、0(C-1、およそ8.18 Hz)から127(G9、12500 Hz)までの番号がつけられている。各音は前の音よりも1高く、周波数の比は常に122(約1.06)で、A4(ドの音)は440 Hzである。

音部 音階 MIDIノートの値 周波数
低音域 C3 48 131 Hz
C♯3/D♭3 49 139 Hz
D3 50 147 Hz
D♯3/E♭3 51 156 Hz
E3 52 165 Hz
F3 53 175 Hz
F♯3/G♭3 54 185 Hz
G3 55 196 Hz
G♯3/A♭3 56 208 Hz
A3 57 220 Hz
A♯3/B♭3 58 233 Hz
B3 59 247 Hz
中音域 C4 (中央のC) 60 262 Hz
高音域 C♯4/D♭4 61 277 Hz
D4 62 294 Hz
D♯4/E♭4 63 311 Hz
E4 64 330 Hz
F4 65 349 Hz
F♯4/G♭4 66 370 Hz
G4 67 392 Hz
G♯4/A♭4 68 415 Hz
A4 69 440 Hz
A♯4/B♭4 70 466 Hz
B4 71 494 Hz
C5 72 523 Hz

ビート

次の表は、一拍に対する長さである。これは、() の音符を () 拍鳴らす (ブロック)の二番目の引数の値になる。

WholeNote.png DottedHalf.png HalfNote.png DottedQuarterNote.png QuarterNote.png QuarterTriplets.png Dotted8th.png 8thNote.png 8thTriplets.png Dotted16th.png 16thNote.png
TimeSig4.png 4 3 2 1.5 1 0.67 0.75 0.5 0.33 0.375 0.25
TimeSig8.png 8 6 4 3 2 1.33 1.5 1 0.67 0.75 0.5
TimeSig2.png 2 1.5 1 0.75 0.5 0.33 0.375 0.25 0.167 0.1875 0.125

楽器

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

Scratch 2.0まで利用できた楽器のリストはここから確認できる。

歴史

Scratch 2.0以前はコンピューターにあるMIDIを使って演奏を行っていた。

しかし、Scratch 2.0からはサンプリングされた音源を基に演奏を行う方式に変更された。 ただ、MIDIノートで音の高さを指定する方法はそのまま受け継がれた。

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。