提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
速度(verocity) は、与えられた方向に対する速さのことであり、そのため、負の数になることがある (一方、速さ (speed)は、方向を考えない数値であり、つねに正の数となる)。物理法則を使用したプロジェクト では、速度を使用することが多い。スクロール型ゲームなどで速度を上手に使うと、動きがなめらかになるだけでなく、わかりやすいスクリプトになることが多い。

Scratchで速度を扱う方法

Scratchのプログラムでは、速度を変数に入れて、これを使ってスプライトの座標を変更する方法がよく使われる。

@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと 
  もし <[左向き矢印 v] キーが押された> なら 
    [速度 v] を (-1) ずつ変える // 左向きに加速して、速度を減らす 
  end
  もし <[右向き矢印 v] キーが押された> なら 
    [速度 v] を (1) ずつ変える // 右向きに加速して、速度を増やす
  end
  [速度 v] を ((速度) * (0.9)) にする // だんだん減速する様子を表す (方向に関係なく減速される)
  x座標を (速度) ずつ変える // 更新された速度にもとづいて、スプライトの座標を変更する
end

上記は1つのスクリプトにすっきり収まっており単純だが、十分な効果を得ることができる。スクリプト内の数値を変えると、スプライトがキビキビ動く度合いが変わる。ただし、最後の () を () にする ブロックに入れる数は、0〜1の間にしておく必要がある。1より大きい値を入れると、減速ではなく、加速になってしまうからだ。

使用例

速度はさまざまな場面で使用される — 次に、いくつかの使用例を紹介する:

  • レースゲーム — 車の動きを速度でコントロールすると、より運転がリアルになる
  • プラットフォーマー型ゲーム — 速度を使うと、動きがよりリアルになる
  • 物理シミュレーション — たとえば、ボールのバウンドを表現するには、速度が必要になる
  • スクロール型プロジェクト — スクロールに速度を使われることが多い。
  • ハンドスピナーのシミュレーション — 速度を使えば、ハンドスピナーの動きがよりなめらかになる
  • 宇宙を舞台にしたゲーム — "Asteroids"のような宇宙空間を舞台にしたゲームでも、速度を使うとよりリアルになる

その他、スプライトが動いたり止まったりするところであればどこでも、速度を使ってよりリアルな効果を得ることができる。

プロジェクト例

次に速度を使ったプロジェクトの例をいくつか紹介する:

関連項目

外部リンク