提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。これを置き換えた機能については、ドラッグ () ようにする (ブロック)をご覧ください。
ドラッグ出来るようにする方法.jpeg

ドラッグできるスプライトとは、「プレーヤーがドラッグ出来るか:」にチェックを入れることで、スプライトがドラッグできるようになる機能だった。Scratch 3.0で廃止されドラッグ () ようにするブロックに置き換えられた。

プログラムでドラッグ可能にする

プログラムでドラッグを可能にすることができる。

以下はその例である。

このスプライトが押されたとき::events hat
<<マウスが押された> ではない> まで繰り返す
[マウスのポインター v] へ行く
end