提供: Japanese Scratch-Wiki

その他のブロックから転送)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目に加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています。

分岐.png:この項目はブロックのカテゴリを説明しています。定義ブロックについては、定義 (ブロック)をご覧ください。


ブロック定義ブロックカテゴリであり、定義ブロックが含まれる。ブロックが作られる前は、「ブロックを作る」ボタン以外には何もない。

このカテゴリでは、技術的には際限なくブロックを作ることができる。しかし、現在スタックブロックハットブロックしか種類がない。

「ブロックを作る」ボタン

ブロックを作成するときには、「ブロックを作る」ボタンをクリックすると、ブロック名を尋ねるダイアログが表示される。次に、希望の名前と入力を入力し、ブロックを作成する。

ブロック

Scratch 3.0のブロック定義ブロックには、次のようなハットブロックが含まれている。

定義 カスタムブロック

Scratch 3.0のブロック定義ブロックには、次のようなスタックブロックが含まれている。

カスタムブロック::custom

Scratch 2.0では、拡張機能で追加されたブロックも、このカテゴリに出現しました。

定義ブロックの中には、「テキスト」、「数値」、「真偽値」の3つの要素を追加することができる。

定義 カスタムブロック (数値) <真偽値>

カスタムブロック () <>::custom

カスタムブロックの使い方

スタックブロックには任意の数値や値ブロック、真偽ブロックを追加することができる。

カスタムブロック (10)|<[10]=[10]>|::custom

上記のコードの場合、数値::custom ringには10が入り、<真偽値>には「true」が入る。

カスタムブロックは、次に示すようにたくさんの場面で便利に使うことができる:

  • プロジェクトのファイルのスペースの削減
  • 再描画せずにスクリプトを実行する(再描画を少なくし、高速にする)(ただし、再描画せずに実行すると、ターボモードとは違い、実行が終了するまで画面の再描画をする頻度が非常に下がる。)
  • 長いスクリプトを複製する代わりに、スクリプトの塊を作ることで、編集の手間が省ける(間違いがあっても、比較的簡単に編集できる。)
  • 再帰のプログラムを組める