提供: Japanese Scratch-Wiki

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。
"いぬボード"はこのページにリダイレクトされました。いぬボードが登場したテレビ番組については、Why!?プログラミングをご覧ください。

Scratchを動かすことのできる基板は少ないが、もしアナログ入出力ができる基板であれば、音ブロック音量ブロックで、簡易的な制御ができる。

必要なもの

このような端子

Scratchが「受け取る側」の場合:

  • マイクジャックのあるパソコン。ない場合はUSB形式のジャック変換アダプタを使う。
  • 3.5mmのミニプラグケーブル。両方が端子となっているもの。
  • ジャックから音を出すことができるもの。別のPC、CDプレイヤー、いぬボード、ニンテンドースイッチ(Laboも)(YouTubeの解説動画)など。

Scratchが「送る側」の場合:

  • イヤホンクジャックのあるパソコン。ない場合はUSB形式のジャック変換アダプタを使う。
  • 3.5mmのミニプラグケーブル。両方が端子となっているもの。
  • 外部マイクの音を受け取ることができるもの。いぬボードなど。(YouTubeの解説動画)

やり方

いぬボードの場合は後述。

1. 音を受け取るパソコンのマイクジャックにケーブルを接続する。

2. Scratchにて、以下のプログラムを組む。もしマイクへのアクセスを聞かれたら、許可する。

@greenFlag がクリックされたとき//例1:この例では「無音と大きな音」を検知する。
ずっと
もし <(音量::sensing)>[50]>なら
[色 v]の効果を(100)にする
でなければ
[色 v]の効果を(0)にする

3. 音を送る側に、ケーブルを接続する。音を再生する。この場合、音は「無音と大きな音」または「いくつかの音量の音の組み合わせ」にする。

4. プログラムを実行する。

いぬボード

組み立て説明書を参考にして組み立てるか、スイッチサイエンス社の既製品を購入する。

既製品の場合

ヘッドホンマーク・マイクマークに、それぞれイヤホン端子・マイク端子につながったケーブルをさす。ただし、もしいぬボードのセンサーのみを使う場合はマイク端子のみでよく、逆にLEDなどを使用する場合はイヤホン端子のみでもよい。センサーの値は、そのまま音量となる。標準で、センサーは明るさセンサーである。

そして、もしLEDなどを使う場合は、足の長いほうをOUT、短いほうをGNDに刺す。ブレッドボードも使える。

以下のようなプログラムでLEDを点滅できる。

@greenFlag がクリックされたとき
(60 v)の音符を(1000)拍鳴らす
@greenFlag がクリックされたとき
ずっと
音量を(100)% にする
(1)拍休む
音量を(0)% にする
(1)拍休む


最後に、MicroUSBケーブル(電源用)をつなぐ。モバイルバッテリーなどにつないでもいい。すると、いぬボードが動く。

外部リンク

Warning 警告: 大人と一緒に買いましょう。