提供: Japanese Scratch-Wiki

< Japanese Scratch-Wiki:エイプリルフール

micro:bitとは、とても小さな機械である。ここではmicro:bitの接続方法を扱う。

Scratchキャットを用意し、歯を青色食用色素で染める。

micro:bitの準備

micro:bitをガムテープ、ビニールひも、USBケーブルまたはロープでコンピューターにくくりつけ、Scratchウェブサイトから接着剤をダウンロードする。セメダインやアロンアルフアなどで行うことができる。

Scratchとの接続

Scratch 3.0を開き、micro:bit拡張機能を追加する。デバイスの探索が始まる。デバイス一覧が表示されたら、暗号がmicro:bit上に表示されるので、それを解読し、指示に従ってmicro:bitをしばりつけていた紐を外す。

よくあるエラー

デバイスが見つかりませんでした

micro:bitを針金でくくりつけていないか確認する。
Scratchキャットの歯の部分が、RGBで#0000FFであるかどうかを確認する。
micro:bitに自転車発電装置を接続する。

Scratchキャットがインストールされ、実行中であることを確認してください

Scratchキャットを呼ぶ。
邪魔者を追い出す。

うわっ!何か問題が発生しました

カップ麺の入った容器をひっくり返す。
たらいを落とす。

切断

切断は、カッターナイフ、ハサミ、包丁、斧、ペンチ、レーザーカッター、ツルハシなどで行える。

再接続

乾いたのを確認した後、再度接着剤を塗る。