提供:Japanese Scratch-Wiki

着手.png このページの改善にご協力ください。また、このページを改善するまでは、このテンプレートを外さないでください。外した場合は、差し戻されます。
SandCastleIcon.png このページまたは節には、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

概要

Forkphorusとは、Scratch3.0のプロジェクトをHTML化して実行できるツールである。

歴史

Forkphorusは、phosphorousの後継である。 phosphorousはScratch2.0のプロジェクトをHTML化して実行できるツールであったが、Scratchが2.0から3.0に移行したことに伴い、JSONファイルの構造等に変更が加わり、phosphorousではScratch3.0で作られた作品を開くことができなくなった。

(実際には、Scratchのサーバに2.0ver.と3.0ver.のプロジェクトが混在していたこともあり、2.0から3.0に移行する直前のデータをForkphorusで参照することができる。3.0になってから作られた作品をphosphorousで読み込むことはできない)

そこで、Scratch3.0に対応したForkphorusが作られた。[要出典]

使い方

プロジェクトを読み込む

灰色で「https://scratch.mit.edu/projects」と書いてある部分のどこかをクリックし、プロジェクトのURLを貼り付けることで、作品をひらくことができる。

問題を報告する

Forkphorusは制作中であるので、バグが含まれている可能性がある。 Report a problemの「Click here」から、問題を報告することができる。

パッケージ化する

Package this projectの「Package」から、プロジェクトをパッケージ化することができる。

解像度やモードの設定ができる。

設定

Settingsから設定をすることができる。

  1. Framerate (FPS):一秒間に何回画面を更新するか
  2. Username:ユーザーネームが何であると仮定して実行するか。(例えば、ユーザーネームをプロジェクトの製作者のものにして実行したら、隠された機能をみつけることができるかもしれない)
  3. Image Smoothing:画像をなめらかに表示するか
  4. Sprite Fencing:不明。
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。