提供: Japanese Scratch-Wiki

文字を1文字ずつ喋らせるには、次のような方法がある。

方法

定義 一文字ずつ喋らせる (喋らせる内容)::custom hat
[雑用 v] を [] にする::variable
[雑用2 v] を [0] にする::variable
((喋らせる内容::custom) の長さ::operators) 回繰り返す
    [雑用2 v] を [1] ずつ変える::variable
    [雑用 v] を ((雑用) と ((喋らせる内容::custom) の (雑用2) 番目の文字)) にする
    (雑用) と言う::looks
    [pop v] の音を鳴らす::sound//お好みで
    [0.001] 秒待つ::control//喋らせる間隔
end
<[スペース v]キーが押された>まで待つ::control
[]と言う::looks

一番下の2個のコードはスペースキーが押されたときに会話が次に進む仕組みである。