提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
存在しないブロックの代用ブロックの一覧です。

その他の代用ブロックについては、代用ブロック一覧からお選びください。

ブロック 回避策
<[ v]を受け取った?::events>
[メッセージ v] を受け取ったとき
[メッセージを受け取った v] を [true] にする
. . .
[メッセージを受け取った v] を [false] にする

または

[メッセージ v] を受け取ったとき
[メッセージを受け取った v] を [true] にする
(0.5)秒待つ
[メッセージを受け取った v] を [false] にする

なら

もし <(メッセージを受け取った) = [true]> なら
. . .

このブロックが存在しないのは、精度が低すぎるからである。上の二つは、メッセージが終了したときの回避策で、緑の旗がクリックされている状態でのみ動く。 このスクリプトでは、「メッセージ」は、0.5秒間送られる。

@greenFlag が押されたとき::events hat
[メッセージを受け取った v] を [false] にする

[メッセージ v] を受け取ったとき
[メッセージを受け取った v] を [true] にする

そして単純に、

<(メッセージを受け取った) = [true]>

他のメッセージに対しては、falseを返す。

[ほかのすべてのメッセージ (ここは置き換える) v] を受け取ったとき
[メッセージを受け取った v] を [false] にする
[すべてを止めて、もう一度緑の旗を押す v]を止める
[scratch-startclicked v]を送る

メモ:Scratch 1.xのオフラインでのみ動作する。

(1)秒繰り返す{} :: control
タイマーをリセット
<(タイマー) > [1]> まで繰り返す
. . .
end

または

[タイマー offset v] を ((タイマー) + (1)) にする
<(タイマー) > (タイマー offset)> まで繰り返す
. . .
end
spawn {} :: control cstart
[Spawn v] を受け取ったとき
. . .

 [Spawn v]を送る
<クローン?::control>
クローンされたとき
[クローン? v]を[true]にする //「このスプライトのみ」の変数を用意する。クローンでなければ、falseになる。

または

[クローン? v] を [true] にする
[自分自身 v] のクローンを作る
[クローン? v] を [false] にする
x座標を()、y座標を()ずつ変える::motion
x座標を((x座標) + (X)) 、y座標を((y座標) + (Y))にする

または

x座標を (X) ずつ変える
y座標を(Y)ずつ変える
()秒でx座標を()y座標を()ずつ変える::motion
()秒でx座標を((x座標) + (X))に、y座標を((y座標) + (Y))に変える
() 秒で()歩動かす::motion
() 秒でx座標を ((x座標) + (([sin v]\((向き)\)) * (歩数))) に、y座標を ((y座標) + (([cos v] \((向き)\)) * (歩数))) に変える
x座標()y座標()に向ける::motion
(((([atan v] \( ((x) - (x座標)) \))/((Y)-(y座標))) + (<(y座標) > (Y)> * (180))) 度に向ける
(x座標()、y座標()との差::sensing)
([平方根 v]\(((((x座標) - (任意のx)) * ((x座標) - (任意のx))) + (((y座標) - (任意のy)) * ((y座標) - (任意のy))))\)
<聞いている途中?::sensing>
[聞いている途中? v] を [true] にする
[...]と聞いて待つ
[聞いている途中? v] を [false] にする
<スプライトがクリックされた::sensing>
このスプライトが押されたとき::events hat
[スプライトがクリックされた v] を [true] にする
<<<マウスが押された> かつ <[マウスのポインター v]に触れた>> ではない>まで待つ
[スプライトがクリックされた v] を [false] にする
すべてのスプライトを表示する::looks
[すべてのスプライトを表示する v]を送る

and

[すべてのスプライトを表示する v] を受け取ったとき //すべてのスプライトに入れること
表示する
前のコスチューム::looks
コスチュームを ((コスチューム #) - (1)) にする
前の背景::looks
背景を((背景 #) - (1))にする

または

背景を[(前の背景の名前) v]にする
(コスチューム名::looks)
([コスチューム名 v]\([任意のスプライト v]\))
後ろに下がる::looks
([10^ v]\((309)\))層下げる

または

@greenFlag が押されたとき::events hat
[スプライト v] を (1) ずつ変える

全てのスプライトに置く:

((スプライト)- (1))層下げる
(() ^ ():: operators)
([10 ^ v]\(((power) * ([log v]\((base)\)))\)

または

([e ^ v]\(((power) * ([ln v]\((base)\)))\))
Warning メモ: 負の数の累乗には対応していない。(例 (-2)5.
<true::operators>
<<> ではない> //中にブロックは入れない。

または

<[0] = [0]> //両方に同じものを入れる。
<false::operators>
<<<> ではない> ではない> //内側のところにはブロックをいれない。 

または

<<> かつ <>> //中にブロックは入れない。

または

<<> または <>> //中にブロックは入れない。

または

<[0] = [1]>
<[] ≠ []::operators>
<<[] = []> ではない>
<[] ≥ []::operators>
<<[] < []> ではない>

または

<<(入力1) > (入力2)> または <(入力1) = (入力2)>>
<[] ≤ []::operators>
<<[] > []> ではない>

または

<<(入力1) < (入力2)> または <(入力1) = (入力2)>>
(もし <> なら [] でなければ []::operators)
もし <> なら
[report v] を [true] にする
でなければ
[report v] を [false] にする

または

(((true) * <>) + ((false) * <<> ではない>))
Warning メモ: 数字のみ使える。文字列を使いたいときは、一つ目のものを使うこと。
(()番目から()番目\([]\)::operators)
[report v] を [] にする
[count v] を (a)にする // aは一番目のの文字
<(count) = ((b) + (1))> まで繰り返す // bは最後の文字
[report v] を ((report)と((count) 番目\((text)\)の文字)) にする
[count v] を (1) ずつ変える
end
(()桁目 \(()\)の数字::operators)
((([切り捨て v] \( (数) \)) / ([10^ v] \( (([切り捨て v] \( (桁) \)) - (1)) \))) を (10) で割った余り)
(()を()の位で四捨五入::operators)
((((数) / (位))を四捨五入) * (位))

または

((((number) * ([10^ v]\((桁数)\))::operators)を四捨五入) / ([10^ v]\((桁数)\))::operators)
([ v]の効果::looks)
ずっと
[色 v] の効果を (effect) にする
<音 [ v]が再生されている::sound>
[playing v] を [true] にする
終わるまで [任意の音 v] の音を鳴らす
[playing v] を [false] にする
[ v]の音を (1)拍鳴らす::sound
[任意の音 v] の音を鳴らす
(1)拍休む
すべての音を止める
(1 v)番目 \([ v]\) を(1)ずつ変える::list
(1 v) 番目( [任意のリスト v] )を (((1 v) 番目( [任意のリスト v] ) :: list) + (1)) で置き換える
もし <> なら、ずっと {}::control
ずっと
もし <> なら
(::obsolete) がクリックされたとき::hat events
ずっと
タイマーをリセット
end
[タイマー v] > (0.1) のとき
...
(10) + (10) = (10)のとき::hat operators
もし <((10) + (10)) = [10]> なら
<<> xor <>::operators>
<<<bool> = <other bool>> ではない>