提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
青いハテナ.png この記事は翻訳途中であるか、翻訳に間違いがある可能性があります。情報の利用には注意してください。

正確な翻訳ができる編集者は改訳をお願いします。

このチュートリアルでは一時停止と再開ができるタイマーの作り方を説明する

プログラム

三つの変数が必要:

  • "(タイマー)"—時間を表示するタイマー
  • "(停止時間)"—タイマーが停止している間値が増加する
  • "(停止)"—タイマーが停止しているか調べる真偽値

定義 (ブロック)も3つ利用する:

  • "リセット" — すべてのカウントを初期化する
  • "停止" — タイマーを停止させる
  • "開始" — タイマーを開始/再開させる
@greenFlag が押されたとき::events hat
リセット :: custom //旗がクリックされたら初期化したい時のみ
ずっと
    もし <(停止) = [1]> なら //タイマーが止まっているか
        [停止時間 v] を ((タイマー) - (マイタイマー)) にする //停止している時間はタイマーからカスタムタイマーの値を引いたものに等しい
    でなければ //タイマーが止まっていないとき
        [マイタイマー v] を ((タイマー) - (停止時間)) にする //カスタムタイマーの値はタイマーから停止時間を差し引いたものに等しい
    end
end

定義 リセット
タイマーをリセット//変数"停止"に関係なくすべての値をリセットする
[マイタイマー v] を (0) にする
[停止時間 v] を (0) にする

定義 停止
[停止 v] を (1) にする //タイマーを停止する

定義 開始
[停止 v] を (0) にする //タイマーを動かす

使用例

一時停止可能タイマーのいくつかの用途:

  • レースゲーム
  • 時間経過イベント
  • 一時停止可能なプロジェクト内のタイマー