提供: Japanese Scratch-Wiki

ここでは、トピックを作成する手順を説明する。

Warning
メモ:
ディスカッションフォーラムは、雑談などの会話をするために作られた場所ではない。

手順⓪ トピックが本当に必要かどうか確認する

トピックを作成する前には、⚠️⚠️日本語フォーラムのお約束です。必ず読んでね⚠️⚠️ヘルプ:日本語フォーラムに関する注意書きをよく読んで、以下のことについて気をつけなければいけない。。

それでも作るかどうか悩んだ場合は、ちょっと待って! New topicを押す前にここに書こうでトピックを立てる前に相談すると良い。

手順① トピックを作成する

新規トピック作成ボタン

右のボタンを押すと、トピックを作成できる。Subjectには題名(タイトル)を、Messageには#1の内容を記述する。

Subject

New Topic作成画面

タイトルは、わかりやすくしてください。 例えば、音楽について話し合うときは、質問コーナーのようにわかりやすくかくと伝わりやすい。また、トピックを探しやすくなり、使う人も便利になる。

しかし、音楽について話し合うのに「りんご」などの題名をつけてしまうと、趣旨がわからなくなってしまう。適切なタイトルをつけると、自分にもみんなにも使いやすくなる。

Message 

一番目の投稿は、そのトピックを使うにあたってのルールを記載すると良い。例えば、新・著作権について話し合うトピックの場合、

ここは、著作権について話すトピックです。

著作権について話し合うスレッドの続編です。 ルールの整備などを目的にみんなで話し合った上で作り直しました。

このトピックを使う前に、Japanese Scratch-Wiki:著作権ガイドを一度よく読んでください。

とのように前文を書いた上、利用の仕方を書かれてある。

この利用の仕方も、使う人たちのことを考えて書くように。

※なるべく詳しく書くように。また、書くことがない場合、ちょっと待って! New topicを押す前にここに書こうで相談するように。

手順② #2の利用

二番目の投稿には、あまりにも一番目の投稿が長くなってしまった際や、一番目の投稿と区別をつけたい場合に使うと良い。

一番目の投稿をより詳しく書く場合もある。

手順③ #3の利用

他に書かなくてはいけないことがある場合

メモなどを三番目の投稿に書けば良いでしょう。 また念のため、いずれ使う可能性を考慮し、「後々使用」などとのテキストで#3を確保すると、後々使いやすいです。

書かなくてはならないことがない場合

いずれ使う可能性を考慮し、「後々使用」などとのテキストで#3を確保すると、後々使いやすいです。

手順④ 宣伝・周知

トピックを使用してもらうよう、告知するとみんなに活用してもらえやすくなる。フォーラム内の宣伝は宣伝、告知、依頼をするコーナーで行うように。

完成

これで綺麗なトピックの完成!使用してもらえるよう、管理を続けることを忘れないように。トピックをフォローすると通知が受け取ることができる。