提供: Japanese Scratch-Wiki

四月馬鹿から転送)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
注目の記事.png この記事は2020年4月の注目の記事です。
分岐.png:この項目はScratchウェブサイト上のエイプリルフールを説明しています。Scratch Wikiにおけるエイプリルフールについては、Japanese Scratch-Wiki:エイプリルフールをご覧ください。


エイプリルフール(April Fools' Day)とは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことである。[1]Scratchでは、毎年エイプリルフールイベントが行われる。ここではその一部を紹介する。

公式のいたずら

2010

  • ディスカッションフォーラムが、「Scratch Forums - Still only $0.99 (USD) a post!」(ディスカッションフォーラムフォーラム - たったの1投稿0.99ドル!)と変わった。
  • 大文字を削除する提案があった。

2011

アイコン

2012

  • Text-based Games Forumが、「Text-Based Hunger Games Forum」と改名された。
  • ディスカッションフォーラムは「Neigh Forums」となった。
  • ScratchチームScratcherNew Scratcherが、それぞれ「Neigh Herd Leader」、「Pony」、「New Pony」となった。コミュニティモデレーターは「Pasture Monitor」だった。
  • 以下の言葉が検閲された。
    • Scratch→Neigh
    • Scratcher→Pony
    • everyone,everybody→everypony
    • someone,somebody→somepony
    • anyone,anybody→anypony
    • facepalm→facehoof
    • Kaj→Discord
    • yes→eeyup
    • computer→toaster
    • troll→parasprite
    • only→ponly
    • nobody→nopony
  • Scratch 2.0が「Neigh」に改名されるといううわさが広まった。
  • Scratch Wikiが「Neigh Wiki」になった。

2013

  • トップページの右側にピコが表示された。
  • ピコの絵文字「_bloop_」が追加された。
  • ディスカッションフォーラムが「Pico's Scratch Forums」となった。
  • 以下の言葉が検閲された。
    • and→(Bloop!),(Bloop!!)
    • the→(Pico Rules!),(Pico Rules!!)

2014

  • ネコ語(Meow!)が追加された。これは現在も存在する。
  • セミコロンのバグが意図的に発生した。
  • セミコロンの絵文字が追加された。

2015

  • Edible Scratchという言語が追加された。これも現存する。
  • 食べ物系の絵文字が追加された。

2016

2017

2018

上下さかさまの検索画面
  • サプライズリンクがフッターに追加され、クリックするとカウンターが1増えた。
  • 「upside down」と検索すると結果が上下逆で出てきた。
  • 「gravity」と検索すると画面が自動で下にスクロールした。
  • 「secret surprise」で検索すると、紙ふぶきが舞った。
  • 「rainbow」で検索すると、画面の色が変わった。
  • 「=^..^=」で検索すると、結果が「*boop*」になった。

2019

  • チュートリアルに「Teach Scratch To Your Cat」(猫にScratchを教える)が追加された。
  • フッターに「Cats...」が追加され、クリックすると猫の写真や猫についての文章が表示された。
  • アカウント設定に以下が追加された。これらはローカルストレージを使用して保管されていたため、アカウントごとに共有はされない。
    • All the world's a stage: 色、明るさ、幽霊の画像効果が設定されたときに、エディター全体に与えられた。
    • Noisy blocks: ブロックをつなぐときに音が再生された。
    • Top secret checkbox: チェックしても変更を保存するときに解除される。
  • 一部の検索語に反応するようになった:
    • rainbow、color、rainbows: 「検索」とある部分が虹色に変化した。
    • egg: 検索結果が卵型に表示された。
    • fisheye: 金魚の写真が検索結果の後ろに表示された。
    • tutorial: 猫の写真が検索結果の後ろに表示された。
    • spin、whirl、turn: 画面が一回転した。
    • ghost: 画面がフェードインした。
    • music、piano: 検索結果をホバーすると音がした。
    • brightness: 画面が明るくなったり暗くなったりした。

2020

  • フッターに「Mystery」が追加された。これは2019年の「Cats...」とよく似ていて、中には写真とともに英語で猫に関する謎が書かれていた。
  • チュートリアルに「How to Find a Sprite」(スプライトの見つけ方)が追加された。この中には、スプライトが物体に球を投げることによってできたとある。
  • ハットブロックが猫のような形になった。これは「キャットブロック」と呼ばれている。
  • 「編集」メニューに以下が追加された:
    • Turn on Mystery Mode: 「ミステリーモード」を有効にするもの。ミステリーモードでは、画面が暗くなり、丸い明かりがマウスのまわりに現れ、スプライトの影が表示される。
    • Turn on woobly sprite dragging: adroitwhiz氏が追加したモード。押すとドラッグされたスプライトが変形されるようになる。

Scratch Wiki

Scratch Wikiには毎年エイプリルフール用の記事がある。

画像

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

出典

  1. 岩波書店『広辞苑 第六版』
  2. https://scratch.mit.edu/projects/54708974/
Teach Scratch to Your Cat.png