提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

プロジェクトを埋め込むには、WebページのソースHTML / XHTMLに埋め込みコードと呼ばれる特定のコードを挿入して、HTML、XHTML、またはその他同じようにマークアップされたWebページに、Scratch プロジェクトを埋め込む。


プロジェクトを埋め込む方法

Webページにプロジェクトを埋め込む4つの方法がある。 下に「プロジェクトノート」と「タグプロジェクト」というタイトルのセクションがあり、「このプロジェクトへのリンク」「埋め込み」をクリックすると、ウェブページのコピーと貼り付けのオプションが表示される。

画像として

これは、プロジェクトの画像を挿入するものである。この画像はプロジェクトにリンクするが、実際にプロジェクトを動作させることはできない。これは、「as an image」というコードを挿入することでできる。

Java Appletとして

これはより便利な方法であり、ほとんどの場合機能する。これにより、ページにリンクするだけでなく、ページ内でプロジェクトを動作させることができる。これは、「as an applet.」というコードを挿入することでできる。 末尾のコード<a href="...">Learn more about this project</a> 削除することで、一番下のリンクは表示しないようにできる。 また、テキストやリンクを変更することもできる。

Flash Playerとして

Flash Playerを組み込むには、以下を実行する。

これをコピーしてコードエディタに貼り付ける:
<object width = "483" height = "387" type = "application / x-shockwave-flash" data = "http://scratch.mit.edu/static/misc/PlayerOnly.swf">
<param name = "allowFullScreen" value = "true"> <param name = "allowFullScreen" value = "true">
<project name = "flashvars" value = "project = http://scratch.mit.edu/static/projects/ [USERNAME] / [PROJECT_ID] .sb?version = [VERSION OF PROJECT]">
</ object>
Warning メモ: スクラッチウェブサイトでプロジェクトのページのHTMLページソースを表示し、コードを直接抽出することもできる。
[USERNAME]プロジェクトの作成者のユーザー名、プロジェクト[PROJECT_ID]のID、ユーザー名の後のURL、および[VERSION OF PROJECT]再生するプロジェクトのバージョンで置き換える。
Warning メモ: プロジェクトバージョンは、プロジェクトを上書きするたびに1ずつ変更される番号である(既存のものと同じ名前のプロジェクトをアップロードすると上書きされる)。
Warning 警告: Webサイトでホストされているプロジェクトを埋め込みたい場合は、サイトにFlash appletをホストする必要がある。でないと、セキュリティエラーが発生することがある。

これ以外の方法は、コミュニティモデレーターによって作成されたユーザースクリプトをインストールすることである。これにより、Flashとして埋め込むための追加オプションが追加できるようになる。