提供: Japanese Scratch-Wiki

(ブロック名の変更 (bot))
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) X座標を () にする (ブロック) --> Xさひようを () にする (ふろつく))
 
51行目: 51行目:
  
 
[[en:Set X to () (block)]]
 
[[en:Set X to () (block)]]
[[de:Setze x auf () (Block)]][[ru:Установить X в ()]]
+
[[de:Setze x auf () (Block)]][[ru:Установить X в ()]]{{デフォルトソート:Xさひようを () にする (ふろつく)}}

2019年9月15日 (日) 04:54時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
x座標を () にする
x座標を (0) にする
カテゴリ 動き
タイプ スタック

x座標を () にするブロック(動きブロック/スタックブロック)とは、スプライトのx座標を指定した値にするブロックである。x座標を () 、y座標を () にするブロックのx座標部分だけを行うブロックと考えればよい。

使用例

スプライトのy座標には変更の必要がなく、横方向 (x座標向き) にのみ移動したい場合 (たとえば横向きスクロールバーなど) は、x座標を () 、y座標を () にするの代わりにこのブロックが使われることが多い (y座標に変更がない場合は、わざわざ設定しなおす必要がないからだ)。

このブロックは、横方向にスプライトがスクロールするときに使用されることも多い。たとえば、背景の動きにそって、常にスプライトが横に移動していくゲームなどがこれにあたる。

その他に、次の場面でもこのブロックが使用される:

  • スプライトの位置を、高さは一定で左右にランダムな場所に設定する
@greenFlag が押されたとき::events hat
x座標を ((-240) から (240) までの乱数) にする
  • スクロールバーの位置をリセットする
[スクロールバーをスタート位置に戻す v] を受け取ったとき
x座標を (0) にする
  • ピンポンゲームでラケットの位置を左右に動かす
@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと
x座標を (マウスのx座標) にする

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックの動作は、次のいずれかのスクリプトで再現できる:

x座標を ((wanted x) - (x座標)) ずつ変える
x座標を (wanted x) 、y座標を (y座標) にする

関連項目