提供: Japanese Scratch-Wiki

(関連項目)
43行目: 43行目:
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==
[[x座標を () にする (ブロック)]]
+
*[[x座標を () にする (ブロック)]]
 
+
*[[y座標を () ずつ変える (ブロック)]]
[[y座標を () ずつ変える (ブロック)]]
+
*[[x座標 (ブロック)]]
 
 
[[x座標 (ブロック)]]
 
  
 
==出典==
 
==出典==

2018年3月27日 (火) 13:42時点における版

X座標を () ずつ変える
X座標を () ずつ変える
カテゴリ 動き
タイプ スタック

X座標を () ずつ変えるブロック(動きブロック/スタックブロック)は、スプライトコスチューム中心点X座標を入力した値だけ変えるブロックである。なお、x軸の範囲は-240~240である。

使用例

X座標を () ずつ変えるブロックのよくある使用例は次の通り:

@がクリックされたとき ずっと もし <[左向き矢印 v] キーが押された> なら x座標を (-5) ずつ変える end もし <[右向き矢印 v] キーが押された> なら x座標を (5) ずつ変える end end

  • 正弦波の描画

@がクリックされたとき x座標を (-240) 、y座標を (([sin v] \( (-240) \)) * (100)) にする//-240はステージの一番左 消す//リセット用 ペンを下ろす//最初の点を描画 (480) 回繰り返す//480は端から端までの距離 ペンを上げる x座標を (1) ずつ変える y座標を (([sin v] \( (x座標) \)) * (100)) にする ペンを下ろす end

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

X座標を () ずつ変えるブロックは、以下のスクリプトで代用できる。

x座標を ((x座標) + (増やしたい数)) にする

x座標を ((x座標) + (増やしたい数)) 、y座標を (y座標) にする

関連項目

出典