提供: Japanese Scratch-Wiki

(修正)
15行目: 15行目:
 
== 内容 ==
 
== 内容 ==
 
内容は、3つある。<!-- 句読点 修正完了(T-taku) -->
 
内容は、3つある。<!-- 句読点 修正完了(T-taku) -->
=== 出展して自分の作品をアピール!めざせ、キングオブフェス! ===
+
=== 出展して自分の作品をアピール!めざせ、キングオブフェス!<ref>[http://www.nhk.or.jp/school/programming/oogiri/sub1_summer.html 出展して自分の作品をアピール!めざせ、キングオブフェス!応募・その他詳細]</ref> ===
 
当日投票で1番支持を受けた作品を'''キングオブフェス(フェスの王様)'''として表彰する。
 
当日投票で1番支持を受けた作品を'''キングオブフェス(フェスの王様)'''として表彰する。
 
テーマは、「物語」「AI」「ロボット(Sctratchで動かせる装置を用いたもの)」などテーマは、自分次第。<!-- 二重表現、なるべく感嘆符を使わない 修正済み(?)(T-taku) -->
 
テーマは、「物語」「AI」「ロボット(Sctratchで動かせる装置を用いたもの)」などテーマは、自分次第。<!-- 二重表現、なるべく感嘆符を使わない 修正済み(?)(T-taku) -->
23行目: 23行目:
 
締め切りは、'''8月26日(日)'''である。<!-- 重要部のみ強調 修正完了(T-taku) -->
 
締め切りは、'''8月26日(日)'''である。<!-- 重要部のみ強調 修正完了(T-taku) -->
  
[http://www.nhk.or.jp/school/programming/oogiri/sub1_summer.html 応募・その他詳細]<!-- 外部リンク節 -->
+
<!-- 外部リンク節 -->
 +
 
 
=== 夏休みWhy!?プログラミングアワード ===
 
=== 夏休みWhy!?プログラミングアワード ===
 
今月のWhy!大喜利は、特別に「夏休みWhy!?プログラミングアワード」を開催する。
 
今月のWhy!大喜利は、特別に「夏休みWhy!?プログラミングアワード」を開催する。

2018年7月10日 (火) 12:42時点における版

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

着手.png このページの改善にご協力ください。また、このページを改善するまでは、このテンプレートを外さないでください。外した場合は、差し戻されます。

以下に理由と要改善点を提示します。
理由と改善点:
概要節をおかない、疑問形を使わない、~とは、逆接接続詞の使用、メモではなく文章での説明、句読点、二重表現、なるべく感嘆符を使わない、重要部のみ強調(付属語は通常しない)、外部リンク節、文末、主語の修正、古い(昨年度の)情報、箇条書き、受身の主語、関連リンクの外部リンク構文、出典節(該当箇所はコメントしています)

Why!?プログラミングフェス

Why!?プログラミング[1]が主催するScrathフェスである。ScratchDayとは、別の行事である。

日程・場所

2018年9月21日

NHK放送センター〒150-0041 東京都渋谷区神南2丁目2

内容

内容は、3つある。

出展して自分の作品をアピール!めざせ、キングオブフェス![2]

当日投票で1番支持を受けた作品をキングオブフェス(フェスの王様)として表彰する。 テーマは、「物語」「AI」「ロボット(Sctratchで動かせる装置を用いたもの)」などテーマは、自分次第。 作品も、自分がつっくているものであれば新作ではなく、今作っているものでも良い。 また、1人ではなくチームでもOK!

締め切りは、8月26日(日)である。


夏休みWhy!?プログラミングアワード

今月のWhy!大喜利は、特別に「夏休みWhy!?プログラミングアワード」を開催する。 対象は、小学生から高校生までのScratcher。 3つのお題の中から1つ選んでオリジナル作品を作る。

テーマ


  • ハート
  • マス目
  • 回転

アイデア、情熱、プログラミング技術、それぞれにすぐれた作品を番組の中で紹介される。 締め切り締め切られました。 詳細

全員参加で作ろう!

詳細は、当日発表予定

関連リンク

http://www.nhk.or.jp/school/programming/oogiri/index_summer.html

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。