提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年9月30日 (月) 01:09時点におけるT-takumini (トーク | 投稿記録)による版 (デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) Shift-Click-R --> Shift-Click-R)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。
分岐.png:この項目はScratch 1.4のmodを説明しています。その他の裏技については、Scratchの裏技をご覧ください。


押すところ

Shift-Click-RScratch 1.4の隠し機能で、Squeakが直接使用できるようにするモードである。

Warning
警告:
この機能は、Scratch 1.4自体を書き換えるため、Squeakが理解できない場合この機能を使ってはいけない。場合によっては、Scratcn 1.4が使えなくなる。

システムブラウザーにアクセスする

メニュー
  1. ⇧ Shiftキーを押しながら左上のScratchロゴのところの「R」を押す
  2. 「Turn fill screen off」を押す
  3. 余白をクリックする
  4. Open→browserと進むと、システムブラウザーが現れる。

システムブラウザーは、Scratchのコードの書き換えに使われる。

スクリプトエラーの検知

スクリプトエラー

0除算などのスクリプトエラーが出たときにデバッグする機能がある。「turn error catching off」を押すと、通常は赤枠で出るものが、デバッガーに変わる。

保存

Warning
警告:
一度保存すると、元に戻すのは困難である。このような場合は、再インストールするしかないため、バックアップなどを残しておいた方が良い。

「save image for end-user」を押すと、imageファイルが保存できる。これは、Scratch 1.4そのもののコードを保存するもので、modの作成に使われる。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。